JICA

2018年度 春 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL06018A12)
募集終了

国名
ネパール
職種コード 職種
G102 環境教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

連邦制・地方開発省

2)配属機関名(日本語)

パナウティ 市役所

3)任地( バクタプール郡パナウティ ) JICA事務所の所在地( カトマンズ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は、2015年に周囲の村々を合併し市制施行している新しい地方公共団体で、市民への行政サービスの提供、市の年間開発計画やガイドラインの策定・実施・モニタリング・評価を実施している。市人口は約4.5万人。年間事業予算は約5.6億万円。市として観光振興を図る方針である。これまでに海外ボランティアの受け入れ実績はない。

【要請概要】

1)要請理由・背景

かつてのチベットとの交易路として栄えた歴史的な古い寺院が残り、ヒマラヤの眺望のある任地には、ミニトレッキングコースもあり、訪れる外国人観光客も多く、配属先は、観光誘致のためにも市の美化を図りたいとしている。市に昇格して間もないこともあり、人員不足、職員の能力が不足していること、及び、地域住民は、ポイ捨ての弊害や3R(Reduce, Reuse,Recycle)の必要性を理解しておらず、環境に対する意識は低いことから、ボランティアには、地域住民の意識変容を促すことが期待されて要請が挙がった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

市役所スタッフと協力して以下の活動を行う。
1.資源ゴミ分別、ポイ捨て、3R等の地域住民の環境意識や問題を把握する。
2.学校を主体的に巡回し、エコクラブ活動の活性化など、児童・生徒を対象に環境意識を高める啓発活動を支援する。
3.母親グループ等、地域住民組織に対し、環境意識を高めるためのセミナー、イベント等を企画・開催する。
4.家庭レベルでできるコンポストや3Rを推進する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

特になし。

4)配属先同僚及び活動対象者

市長:男性、60代
社会開発課課長:男性、40代
市職員:20-50代 80名、男性66名、女性14名
環境課職員:9名、男性5名、女性4名
地域住民、学校教員、生徒等を対象者とする。

5)活動使用言語

ネパール語

6)生活使用言語

ネパール語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許・資格等]: (    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:同僚レベルが求められているため

[経験]:(    ) 備考:

その他

・環境関連業務又は啓発活動経験(研修含む)

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(0~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

配属先職員は原則巡回業務はないので、関係者と活動を主体的に組み立てていく必要がある。