JICA

2017年度 秋 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 日系社会青年ボランティア

要請番号(JL06617B02)
募集終了

国名
スリランカ
職種コード 職種
G102 環境教育
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/1 ・2018/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

地方自治・州議会省

2)配属機関名(日本語)

全国廃棄物管理支援センター(クンダサーレ町役場)

3)任地( キャンディ県クンダサーレ ) JICA事務所の所在地( コロンボ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 4.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

全国廃棄物処理センターは、自治体のゴミ収集・処理技術支援、政策・計画の策定、市民協力支援、調査研究等を行う組織で、現在同センターを通じ3自治体に各1名、本部1名の計4名のJICAボランティア(環境教育)が活動している。同センターの年間予算は1億2800万円で、2007年から2011年には運営能力向上を目的としたJICAプロジェクトが実施された。活動先となるクンダサーレの人口は約13万人(2013)で、村役場の年間予算は6200万円。同地域の1日のゴミ回収量は推定25トンで、そのうち約8トンがJICAの支援で設置されたコンポストプラント(処理場)に運ばれる。村役場の職員数は約170人。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先では、コンポストプラントでゴミの堆肥化を行っているが、ゴミの分別回収が定着していないため、同プラントにもプラスチック等のゴミが散見される(80%の家庭で分別が行われているという情報もあるが実態は不明)。また、同役場環境課(Environment Division)は、ゴミの減量化の一環としてゴミの分別回収の定着、リサイクルシステム構築のために、地域や学校において環境教育、ゴミの分別指導、3Rや廃棄物に関する知識の普及を行っているが、役場に十分なノウハウがなく、全体としてうまく進んでいない。そこで、配属先のゴミ問題解決への取り組み(特に市民への啓発)を支援するため青年海外協力隊が要請された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

村役場職員、地域住民、学校関係者と協力し、以下のいずれかの業務を実施する。
1.学校における環境教育、ゴミの分別指導(既に22の学校で実施済み)
2.子供会におけるリサイクル活動の強化、地域美化への支援
3.村役場と地域住民の連携強化のための支援
4.地域住民の環境に対する意識の向上への支援
5.ゴミ分別回収、リサイクルシステムの構築

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等

事務機器(机、いす、コピー機等)

4)配属先同僚及び活動対象者

村役場助役(男性1名、50代)
環境担当職員(Enviromental Officer、男性1名、40代、経験16年)
巡回指導員(Supervisor、3名)
現場アシスタント(Field assistant、2名)
コンポストプラントのスタッフ9名
活動対象者(地域住民、学生等)

5)活動使用言語

シンハラ語

6)生活使用言語

シンハラ語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許・資格等]: (    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:同僚の教育水準と合わせるため

[経験]:(    ) 備考:

その他

・環境分野における学位もしくは経験

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(25~33 ℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】