JICA

2018年度 春 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 日系社会青年ボランティア

要請番号(JL24818A24)
募集終了

国名
ニカラグア
職種コード 職種
H107 助産師
案件タイプ
活動形態
グループ型
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ホセ・ロマン・ゴンザレス保健センター (ラ・リベルタ市)

3)任地( チョンタレス県ラ・リベルタ市 ) JICA事務所の所在地( マナグア市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は、1980年代に保健省管轄の保健センターとして設置され、ラ・リベルタ市の住民約1.4万人に対し無料で医療サービスを提供する一次医療機関である。職員は28名。外来診療の他、地域保健、予防接種、HIV・性病対策、蚊媒介感染症対策、女性・乳幼児・青少年のケア等に重点を置いた業務を行っている。また、市内にあるカサ・マテルナ(お産を待つ家)の利用者に対し、訪問診療や講習会を行っている。当該地域では、2015年7月から2019年7月にかけてJICA技術協力プロジェクト「チョンタレス保健管区とセラヤセントラル保健管区における母と子どもの健康プロジェクト」(通称SAMANI)を実施中である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同配属先は、ラ・リベルタ市内9か所の保健地区を管轄しており、各地区では、家庭地域保健チーム(医療者により構成)やコミュニティ・ネットワーク(保健ボランティア、産婆、地域のリーダー等で構成)が保健活動を行っている。同配属先の地域保健担当は、保健活動のモニタリングと評価、住民対象の講習会実施、コミュニティ・ネットワークに対する研修会開催、地域保健計画の策定や地域診断等を担っている。プロジェクトSAMANIの第2期開始(2017年5月)に伴い、同市が母子保健サービス強化の重点対象地域となったことから、前述の活動の中でも、特に母子保健と若年妊娠予防に関する活動に対して、青年海外協力隊(JV)からの助言や知識・技術の提供が求められている。本要請はグループ型派遣の一環であり(助産師JV3名が活動中)、グループ内の情報交換や共同講習会の実施、さらに、プロジェクトSAMANIとの連携も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先同僚やカサ・マテルナ責任者とともに以下の活動を行う。
1. 各保健地区の青少年サークルに対するリプロダクティブ・ヘルスに関する講習会の実施
2. カサ・マテルナに入居中の妊婦や、妊婦サークルに対する講習会の実施(周産期、新生児、母乳育児等)
3. 家庭地域保健チームに対する母子保健やリプロダクティブ・ヘルス等をテーマとした指導法の助言
4. コミュニティ・ネットワークの集会への参加と、必要に応じた研修会の実施
5. カサ・マテルナでの妊婦体操やレクリエーション活動(手工芸等)の実施

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等

机、椅子等の事務用品、文房具、保健省発行の各種マニュアル

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先長:医師・経験10年、男性、40代
同僚:青少年・地域保健責任者・経験2年、女性、20代
ほか配属先同僚28名、市全体(下部組織含む)の職員計44名
活動対象者:カサ・マテルナ責任者1名、カサ・マテルナ利用者毎月約20名、青少年約80名

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許・資格等]:(助産師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:同僚への技術支援を行うため

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

地域保健の知識やリプロダクティブ・ヘルスに関する啓発活動の経験があると良い。