JICA

2018年度 春 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL55118A13)
募集終了

国名
ザンビア
職種コード 職種
G158 理科教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
4代目
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

一般教育省

2)配属機関名(日本語)

セレンジェ技術中等学校

3)任地( 中央州セレンジェ郡セレンジェ ) JICA事務所の所在地( ルサカ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 5.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

周囲を自然に囲まれ、町の中心部から離れた場所にある全寮制の公立中等学校(8~12年生、日本の中学2年から高校3年に相当)。生徒数700名、教員数65名が在籍する。
前任者が3代目青年海外協力隊(JV)として活動中。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ザンビアでは、他の主要科目と比べ理数科目の生徒の理解度が低く、これを改善すべく教育の質の向上に力を入
れている。学校現場では授業研究活動を、同国教育省が導入・実施している。 JICAは技術協力プロジェクトを2
016年から教員養成校対象に実施しているが、その効果が出るのはまだ先という事もあり、ボランティア派遣を通じ
て現場での質の高い理数科教育の提供と、学校レベルでの授業研究活動を促進・支援することが期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

・8-12年生までで実施する化学・生物のうち、1~2科目(週20時間)を受け持ち、生徒主体の授業を行う。
(受け持ち科目や学年は、赴任時の教員配置状況とボランティア本人の得意分野などから決定される。)
・現地で入手可能な資材を利用した理科教材や実験器具を作成する。
・理科実験室の整備などについて、助言を行なう。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

黒板、チョーク、基礎的な物理、化学の実験道具

4)配属先同僚及び活動対象者

・校長(男性50代、大卒相当)、副校長(女性40代、大卒相当)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許・資格等]: (    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:教員資格として必要

[経験]:(    ) 備考:

その他

・理工系・教育学・生物工学の学部のいずれかを修了していること

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(5~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】