JICA

2018年度 秋 募集ボランティア要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL55118B06)
募集終了

国名
ザンビア
職種コード 職種
G151 PCインストラクター
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣希望期間
2年
派遣希望隊次
・2019/1 ・2019/2 ・2019/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

一般教育省

2)配属機関名(日本語)

ソルウェジ教員養成校

3)任地( 北西部州ソルウェジ ) JICA事務所の所在地( ルサカ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 12.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

銅産業が盛んな北西部州の州都に位置する初等、中等学校教員養成のための3年制の教育大学。学生数約900名。
総講師数は約50名。通常のクラスに加え現職教員のステップアップのための短期コースなども開講されている。2,3年時に教育実習を行い、卒業時に一定のレベルに達していれば教諭としての資格が授与される。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ザンビアでは、2014年に初等学校、中等学校においてICT教育が必修科目となったことを受け、ICTの専門的な知識をもった教員の育成が喫緊の課題となっている。本配属先においては、将来初等、中等学校教員として勤務することになる学生に対して2014年からICT教育の導入を開始しており、1年次では必修科目、2年次では選択科目のほか、ICT教育専門のDiploma(学位)コースを運営している。このような背景から、対象となる学生が年々増加する傾向にあるものの、本配属先ではICT専任の講師が現在1名しかおらず、約400名の対象学生に対して講師の数が圧倒的に不足している。授業を担当し、ICT科目の運営をサポートすることや、同僚講師への知識の共有とより実践的な指導方法の共有が求められており、本要請へとつながった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

・ICT授業を受け持ち、基礎的なハードウェアの知識、Windows、MS-Office等ソフトウェアの操作方法、 インターネット関連ソフトを利用した情報収集・公開・共有手法を教授する。
・同僚講師に対してICT指導手法の紹介を行うと共に、同僚と協力してICT授業の質的な向上を図る。
・コンピュータ室の環境整備やPCのメンテナンスを実施する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

デスクトップPC37台(Windows7、MS-Office2010)、プリンター、プロジェクター

4)配属先同僚及び活動対象者

同僚:ICT講師:1名(30代、男性、大卒レベル)
指導対象生徒:日本の大学生程度(1クラス30名程度)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許・資格等]: (    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:教員資格の必要条件のため

[経験]:(指導経験)2年以上 備考:高等教育機関で指導するため

その他

・ITパスポート取得または同等以上の知識

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(5~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

生活言語はベンバ語。赴任後現地語学訓練実施。