JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL01222A05)
募集終了

国名
フィリピン
職種コード 職種
F113 マーケティング
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
1代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国家経済開発庁 ボランティア調整局

2)配属機関名(日本語)

アクション(サテライトオフィス)
NGO

3)任地( マニラ首都圏 マラボン市 ) JICA事務所の所在地( マニラ首都圏 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は特定非営利団体として日本国内で法人登記されたNPO法人アクションのフィリピン現地法人であり、代表者は日本人が務めている。児童養護施設の子ども達やストリートチルドレン、またその親である女性達に対し、貧困地域の所得向上支援として職業訓練(美容師養成、セラピスト養成、ダンス、空手など)等を実施している。2022年度年間予算は約4000万円。2012年からJICA草の根技術協力事業の委託を受け、現在第3フェーズを実施中。フィリピン行政に対して政策提言活動も行っている。隊員が配置されるのはマニラ首都圏に所在するサテライスオフィスである。

【要請概要】

1)要請理由・背景

当NGO団体はこれまでも団体ウェブサイトやソーシャルメディアにおいて、広く組織のPR活動を推進してきた。しかし、他団体も同様に情報発信をしており、差別化のためにはさらなる改善が必要と認識している。現在「Panasonic NPO/NGOサポートファンドforSDGs」を活用し、2022年8月までの期限付きでPRコンサルタントを雇い、PRストラテジックプランの策定支援を受けているところである。しかし、策定されたプランの実践には、スタッフのスキルアップが必須であり、「人々が読みたくなる」コピーのライティングスキルや、デザイン構成、コンテンツの見せ方等への支援ができる新しいIT技術に明るい人材を隊員に求めた。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

フィリピン人カウンターパートと協働して、以下の活動を行う。
1.コンサルタントが作成したPRストラテジックプランを実践し、アップデートを行う。
2.各種PRプラットフォームに合った、デザイン構成を提案する。
3.各種PRプラットフォームに合った、コンテンツを提案する。
4.広報担当スタッフに対してコピーのライティングスキル習得を支援する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

PC、ネット上で使用可能なソフトウェアやアプリ

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
代表:男性(40代)、事務局長:女性(40代)、プロジェクトオフィサー:男性(30代)、その他、ソーシャルワーカー:7名(女性3名、男性4名)、事務補助:1名(女性)、セラピスト:1名(男性) (20代~40代)
活動対象者:
配属先スタッフ、プロジェクト裨益者(女性が主)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(専門学校卒) 備考:同僚とのバランス

[経験]:(実務経験)5年以上 備考:経験に基づく助言が必要なため

[参考情報]:

 ・SNSやウェブサイトの構成経験

 ・営業や販促、商品開発、広報活動の経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(20~34℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

特になし