JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL01822A23)
募集終了

国名
タイ
職種コード 職種
A204 防災・災害対策
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
6代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3
施設外観 コーヒーショップ 施設内

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

社会開発・人間の安全保障省

2)配属機関名(日本語)

アジア太平洋障害者センター(APCD)

3)任地( バンコク都 ) JICA事務所の所在地( バンコク )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 0.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

2002年に設立された配属先は、地域開発・情報/知識創造・総務の3つの部と地域ネットワーク事務局、複数のプロジェクトユニットから成る。国連・アジア太平洋経済社会委員会による障害と開発に関する政策実施機関(2003-2012、2013-2022)として、障害者のエンパワメントとバリアフリー社会の確立を目的として、タイをベースにアジア太平洋広域に活動を展開している。現在、アジア太平洋障害者センター(APCD)スタッフは40名以上(含障害当事者)。JICA技術協力プロジェクト(2002.08-2012.07)による専門家派遣や短期隊員2名(2017.03-2017.10)、民間連携ボランティア(2018.9-2019.9)らの派遣実績がある。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先は、タイ及び他のアジア太平洋諸国で「コミュニティに根付いたインクルーシブな開発」活動を進めている。タイ国内では知的障害、自閉症および難聴など、これまで比較的支援の行き届かなかった障害に焦点を当てており、地域に生きる障害者のニーズに即した活動モデルづくりが行われている。開発途上国から脱却しつつあるタイだが、地域住民による障害への理解促進をさら深めていくため、災害時における障害者のリスクマネージメントの普及に力を入れていきたいと考えている。本要請では、特に障害者の防災・災害対策に関する活動や行事について、その企画・実行・フォローアップ活動や、資料作成など関連業務の支援などが期待されており、防災関連のトレーニングの経験などを有する人材によるサポートが求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先事務所にて、タイ国内及びASEAN地域におけるインクルーシブな防災・災害対策に関し以下の活動を行う。
1. 配属先同僚や現地ボランティアらと協働で災害時における障害者のリスクマネージメントのためのトレーニングの実施。
2. 地域社会における災害時における障害者のリスクマネジメントや災害後の被災者の支援方法に関する知見の共有。
3. 障害者の防災・災害対策に関する広報活動へのサポート。
4. 防災・災害対策に関して国内外の関係機関との調整に関するサポート。
5. その他、地域開発部マネージャーの業務をサポート。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

PC、コピー機などの事務機器

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
センター長(男性/60代/元外務省国際協力局長)
地域開発部マネージャー(男性/30代/障害者)
事務局マネージャー(女性/50代/受入担当)

5)活動使用言語

タイ語

6)生活使用言語

タイ語

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:同僚と同等レベルが求められるため

[経験]:(    ) 備考:

[参考情報]:

 ・防災・災害対策の知識

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(22~38℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

障害者に対する防災・災害対策に関する支援の経験があるとなおよい。