JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02122A11)
募集終了

国名
カンボジア
職種コード 職種
G214 司書
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2
図書室1 図書室2 図書整理

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育青年スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

コンポンスプー州教育青年スポーツ局初等教育課

3)任地( コンポンスプー州コンポンスプー ) JICA事務所の所在地( プノンペン )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は計画課、就学前教育課、初等教育課、中等教育課、スポーツ課、健康教育課を有し、州内の幼稚園から高等学校に至る全ての教育機関における授業や教育設備のモニタリングを行ない、教育の質を高めるために必要な研修の機会を提供している。初等教育課の職員は7名であり、州内の小学校を所管し教員の能力向上と適切な学校運営や学習環境改善に関する責務を担っている。また幼稚園・小学校教育の支援の一つとして、小学校に附属する図書室の充実と図書室を担当する職員の育成に力を入れている。
当配属先へのJICA海外協力隊の派遣は今回が初めてとなる。

【要請概要】

1)要請理由・背景

当州では、米国系NGO「Room to Read」*(下記「特記事項」参照)の活動により小学校に図書館を建設したり、自ら出版した本を小学校へ寄贈したりと、子どもたちが本に親しむ機会の拡大に貢献している。配属先においても、同NGOとは支援する地域(学校)をすみ分けた上で、幅広く子どもたちに本が行き届くよう支援しており、図書室の利用は学校の時間割にも組み込まれている。一方で、当国には司書という資格が存在せず、配属先を含む各学校には司書業務を専門的に学んだことのある人材がいない。そのため、図書の管理や図書室の運営は、専門知識を有していない図書室担当職員に委ねられているのが現状である。図書室をより有効に活用し、より多くの子どもたちに本を貸し出すことができるよう、また図書室担当職員に司書業務を指導することが期待され本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

所管する州内の複数の小学校(図書室)を巡回し、各小学校の状況や課題を把握した上で以下の活動を行なう。
1. 各校図書室の掲示物の工夫等、子どもたちが本を読みたくなるような環境整備・雰囲気づくりを行なう。
2. 図書室担当職員へ書架整理や本の貸出方法等、図書室運営(司書業務)の助言を行なう。
3. 図書室担当職員と協力して読み聞かせを行なう等、本に親しむ機会を提供する。
4. 図書室の利用や本の貸し出しに関する統計を取り、配属先へ報告する。
*図書室利用対象者は、小学校に附属する幼稚園園児を含む。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

配属先内の執務スペース(机・椅子)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
局長: 男性、初等教育課担当副局長: 女性
初等教育課職員7名(図書室担当職員: 男性1名/元中学校教員であるが司書の専門性は有していない)
活動対象者:
各巡回先図書室担当職員(多くは元小学校教員)、小学校教員、生徒、園児

5)活動使用言語

クメール語

6)生活使用言語

クメール語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(司書)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:経験基づいた指導が必要なため

[参考情報]:

 ・司書教諭(なるべく)

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(22~38℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・新型コロナウイルス感染情報は、在カンボジア日本大使館HP(https://www.kh.emb-japan.go.jp)を参照。
・*米国系NGO「Room to Read」(https://www.roomtoread.org/)