JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02122A14)
募集終了

国名
カンボジア
職種コード 職種
A241 コンピュータ技術
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
1代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

労働職業訓練

2)配属機関名(日本語)

カンダール州職業訓練センター

3)任地( カンダール州タクマウ ) JICA事務所の所在地( プノンペン都 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先はカンボジア各州に1校ずつ設置されている、日本の中学・高校卒業程度の学力を有した人材のための職業訓練校である。同校には8つの学科(電気、空調整備、建築・溶接、自動車整備、情報通信技術(ICT)、服飾、美容、経営)があり、高卒者を対象とした2年間の短大コースと、中卒者を対象とした3~6か月間の短期コースを設けている。総学生数は200~500名(時期により大きく異なる)。教員・スタッフ数は77名ほどの規模である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先では、学生が卒業後に就職する民間企業の期待に応えられる技術人材育成を目指している。しかし、所属している教員は民間企業での就業経験に乏しく、目指す目標の達成に苦慮している。そのなかで、特に変化の激しい情報通信分野については、教員の教授力と技術変遷に対するキャッチアップ能力の向上、及び学生の技術力向上が喫緊の課題となっている。国内外の機関に対して支援を求め、JICA海外協力隊員を要請することとなった。なお、過去に別の国際機関から支援を受けた経験はなく、今回が初めてなので、外国人と協働することについても学ぶことになる。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

赴任後に実際の授業状況を確認のうえ、以下の項目について配属先と協議して、実践可能な項目を実施する。
1.同僚教師と協力して、ネットワーク技術関係分野のCCNA(Cisco Certified Network Associate)の授業内容改善を行い、実際の授業に反映させる。
2.同僚教師と協力して、Web開発分野(HTML、CSS、Bootstrap、Javascript等)の授業内容改善を行い、実際の授業に反映させる。
3.同僚教師と協力して、データベース関係分野(データベース基礎概論、MS-Accessによる演習、PHP・My SQL等データベース制御言語)の授業内容改善を行い、実際の授業に反映させる。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

授業用デスクトップPC40台(Win 10)、MS-Office2016(MS-Access含む)、各種ソフト(PHP、C++、Adobe Photoshop Creative Suite 6等)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:ICT学科教師・スタッフ7名(男女 20~30代)

活動対象者:ICT学科生徒(男女10~30代)
2年制短大コース70~80名程度
短期(3~6か月)コース10~30名程

5)活動使用言語

クメール語

6)生活使用言語

クメール語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(ITレベル1以上(ITパスポート等))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:配属先の勤務要件

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:経験を通じた提案を行うため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(22~38℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・電気へのアクセスは毎日あるが、時折停電あり。
・新型コロナウイルス感染情報は、在カンボジア日本大使館HP(https://www.kh.emb-japan.go.jp)を参照。