JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02422A09)
募集終了

国名
ラオス
職種コード 職種
G157 日本語教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
5代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

サワンナケート大学言語学部日本語学科

3)任地( サワンナケ-ト県カイソーン・ポムヴィハーン市 ) JICA事務所の所在地( 首都ビエンチャン )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

2009年にラオスで4番目の国立総合大学として設立、言語学部、経営学部、自然科学部、農学部、食品化学部、教育学部、工学部、ITセンターを有する。2017年11月に日本語学科が開設され、2021年に初めての卒業生を送り出した。現在、学科の学生数は各学年20名程度で4学年合計73人、教員数は4名である(うち2名は同学科の卒業生でボランティアのインターン)。コロナ禍により、1年生のみ対面授業、2~4年生はオンライン授業を行っている。過去に4名の隊員(短期含む)が派遣されており、前任は2021年12月まで活動を行っていた。2022年9月に新キャンパスへの移転が予定されている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

サワンナケート県の経済特区には日本企業も進出しており、徐々に日本語を話せる人材の需要が増加している。配属先では4学年で約80名が日本語を学んでいるが、中・上級レベルを目指す上級生の授業については、現地教員の教授経験が少ないため指導できる人材が不足している。通常の授業や教員への助言に加え、同僚と協力し当該日本語学科の特徴である商・工業やビジネスに特化した日本語の授業、日本文化・現状を理解するための授業、イベント等の企画・実施を行う人材が必要とされ、本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 日本語学科の教員で分担し、ラオス人学生への授業実施(1クラス20人程度、1コマ90分、週7~8コマを担当、1~4年、ゼロ初級~中級)
2. ラオス人教員が行う初級・中級レベルの授業のサポート、教授法改善に関する助言
3. カリキュラム・シラバスの整備
※ラオス国立大学日本語学科から定期的に指導方法・教材・カリキュラムの内容についてのサポートがあるため、日本語教育に関する全般的な相談が可能
4. イベント等の運営支援(日本語スピーチコンテスト等の企画・実施)

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

教科書『みんなの日本語』など、プロジェクター、CDプレイヤー、コピー機

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:常勤の教員4名(教員2名、ボランティア2名)
30代女性/教授歴8年/JLPT N3/訪日研修(6ヶ月・6週間)、20代女性2名、20代男性1名

活動対象者: 学生、同僚教員

5)活動使用言語

ラオ語

6)生活使用言語

ラオ語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)又はラオ語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(日本語教育に関する資格)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:大学での指導のため

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:同僚への指導を行うため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(15~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

大学は街の中心部から離れた場所に位置するため、郊外(大学近く)に住む可能性がある。