JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02622A04)
募集終了

国名
東ティモール
職種コード 職種
G161 体育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3
生徒の様子 グランドの様子 校長

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育青年スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

サン・ペドロ中高等学校

3)任地( ディリ県ディリ ) JICA事務所の所在地( ディリ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1982年に教会系団体によって設立された学校である。日本の中学1年から高校3年程度までが在籍し、生徒数は935名、教員は52名が在籍している。月曜日から土曜日までは通常の授業が実施され、午前(7:45-13:15)、午後(13:30-17:45)2部入れ替え制となっている。年間予算はUSD200,000程度。長期外国人ボランティアの受入れは初めてである。

【要請概要】

1)要請理由・背景

東ティモールでは独立から現在に至るまで、生徒数の増加、教員や校舎の不足、教育システムの未整備、複雑な言語環境などが原因で教育システムの整備が遅れている。体育教育にも力を入れているが、教員の指導技術が成熟しておらず、多くの教員が体育の授業を座学のみ行なっている。体育教育の目的を正しく理解し、授業を実施するために協力隊員の要請となった。他の体育教員は各自独自の経験に基づいて指導を行っているのが現状で、教員によって指導内容にばらつきがある。一緒に活動を行ないながら、徐々に体育教育についての知識や技術を共有していくことが求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 同僚教員と協力して、生徒(日本の中学1年から高校2年程度まで)を対象に体育授業(主に実技)を担当する。
(担当する学年については、着任後配属先との話し合いにより決定する)
2. 課外でのスポーツ活動を支援する。
3. 十分な道具や設備がない中で工夫した授業ができるように助言する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

サッカー場、バレーボールコート(整地済)、バスケットボールコート(整地済)があり、体育の授業では状況に応じて各種コート等を使用する。ボール類は使い古されている。教科書はポルトガル語。

4)配属先同僚及び活動対象者

校長: 男性、30代、経験7年、副校長: 男性、30代、経験10年
同僚教員: 男性、20代、経験6年
同僚教員: 男性、20代、経験4年

中等部: 各学年5-6クラス
高等部: 各学年4-8クラス

5)活動使用言語

テトゥン語

6)生活使用言語

テトゥン語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(中学校又は高等学校教諭(保健体育))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:教員になるための資格

[経験]:(    ) 備考:

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(23~32℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】