JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02722A32)
募集終了

国名
ベトナム
職種コード 職種
H113 作業療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

バクザン省人民委員会

2)配属機関名(日本語)

バクザン省リハビリテーション病院

3)任地( バクザン省バクザン市 ) JICA事務所の所在地( ハノイ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1955年に設立。理学療法科・小児科・ICU/外来科・入院/東洋医学科・総合診療科・臨床検査科・薬剤/栄養科がある。病床数220床、医師31名、看護師と技師が57名、総職員数は約150名である。平均入院患者は 220名、外来患者数は1日150名程度。外国からの支援は国際NGO(Humanity Inclusion)、イタリア(GPC,GTC)、日本のNPO(SVCA)から支援の実績がある。 2019年から草の根技術協力で神戸大学がハノイ市の病院を中心に作業療法士育成プロジェクトを実施。本研修を受けた作業療法士は、ハノイ近隣省の病院を対象に研修を広める計画であり、本院もその対象となっている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ベトナムで初の作業療法士の養成機関がハイズオン医療技術大学に2016年に設立され、リハビリ医療に対する関心とニーズが高まっている。本病院に所属する2名の理学療法士が同大学に就学し、2019年1月に作業療法士として本病院のICU・外来科/入院・伝統医学科に再配置された。入院患者約220名は必ず毎日何れかの療法を受けることとなっており、2019年からリハビリテーション科内に設立された作業療法ユニットでは、1日60 名の患者に対する作業療法サービスの実践を見込んでいる。 隊員には配属先の新業療法士に対する様々な活動の紹介、長期的な技術指導や助言が求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先の一員として以下の活動をC/Pと実施し、リハビリテーション全般の質の向上に協力する。
1.主に脳血管障害や脊髄損傷患者に対し、同僚と共に作業療法を実施する。
2.日々の訓練を通して、上肢/手指機能にかかる訓練手技種類を増やす等、同僚の知識と技術の向上を図る。
3.医療事情・技術レベルを把握した後、現地で実用可能な形の評価表を作成し、評価の導入と定着を推進する。
4.語学力が向上した活動後半においては、ニーズに即した勉強会を実施することも期待されている。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

作業療法用机、壁棒、平行棒、ヨガボール、肩腕挙上梯子、上肢交互運動器等

4)配属先同僚及び活動対象者

総職員59名(医師17名、看護師30名、技師12名)
科長(男性/40代/修士/医師/リハビリテーション経験10年以上)
作業療法を担当する理学療法士・作業療法士2名(作業療法学科卒業)
①女性/20代/大卒/リハビリテーション経験6年)
②男性/20代/大卒./リハビリテーション経験4年)

5)活動使用言語

ベトナム語

6)生活使用言語

ベトナム語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(作業療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)5年以上 備考:現場での経験実績が必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(10~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

院内の居室が提供される予定。