JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02722A34)
募集終了

国名
ベトナム
職種コード 職種
H114 理学療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

タインホア中央療養リハビリテーション病院

3)任地( タインホア省サムソン町 ) JICA事務所の所在地( ハノイ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 3.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1999年に設立された保健省直轄の病院であり、内科・外科・総合診療科・臨床検査科・リハビリ科等10科を持ち、病床数310床、医師25名、看護師55名、技師20名を含む総職員約170名が在籍している。1日平均入院患者210名、外来患者185名を受け入れている。海辺に近い環境にあるため、夏場には高齢者療養施設としても機能し、年間約2,000名の高齢者が療養入所している。他国の支援は2009~2012年まで、ベルギーの団体が医師や看護師の派遣の他ベッドや車椅子を供与。予算は公費と患者の診療費から成り立っている。2017年から作業療法士隊員が派遣された。右隊員の後任も派遣予定。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ベトナムでは医療リハビリテーションは新しい分野で、各療法サービスの提供が需要に追い付いていない状況。リハビリ科では、生活習慣病の増加や高齢化に伴いニーズが急増中。配属先は現在9名(うち6名が大卒)のセラピストが在籍しており、年代も20代から50代と幅広く、医療リハビリにかかる基礎知識や学習内容・評価や治療技術も個人差がある状況である。提供するサービスは運動療法に偏りがちで、生活面を視野に入れた日常生活活動の指導等の比重が少なく、また他職種と連携したチーム医療等も実現できていない。保健省直轄の地方病院であるため、多くの入院患者に対する早期リハビリや退院後のフォローも急務となっている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.脳血管障害や脊髄損傷患者、整形疾患患者に対して同僚と共に理学療法を実施する。
2.理学療法にかかる知識や技術を伝達する。そのための勉強会や研修会・ワークショップを開催する。
3.可能な範囲で同職種隊員との勉強会やイベント開催等に協力する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

理学療法室、ベンチ、ダンベル、肋木、ウォーカー、サイクリングマシーン、キャスター、車いす等

4)配属先同僚及び活動対象者

リハビリ科:
総職員33名(医師4名、看護師11名、理学療法士15名、他3名)
科長(男性/40代/修士/医師/PT経験13年以上)
作業療法を担当する理学療法士2名(女性/30代/短大・専門学校卒/理学療法経験5年・10年/作業療法経験5年)

5)活動使用言語

ベトナム語

6)生活使用言語

ベトナム語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(理学療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)5年以上 備考:現場での経験実績が必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(15~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

院内の住居(居室)が提供される予定。