JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02722A36)
募集終了

国名
ベトナム
職種コード 職種
H113 作業療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ホーチミン市医療薬科大学病院

3)任地( ホーチミン市 ) JICA事務所の所在地( ハノイ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1994年に設立された総合病院を前身とし、2000年に現在の名称に変更、2013年に15階建ての現在の病院が建設された。44科、医師約1025名、看護師及び技師1064名、薬剤師約140名で総職員数は約3811人。隣接する大学の実習生など医療従事者の人材育成を行いながら、医療サービスの提供、臨床研究を行う国立の大学病院である。市内4ヶ所にある施設の合計病床は1000床あり、外来患者は2020年に8790人/日、入院患者数は227人/日、約8万4千人/年。2代目作業療法士隊員が2020年3月にコロナ禍緊急退避にて帰国。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ベトナムのリハビリテーション分野では、特に作業療法士や言語聴覚士への関心が高まっている。配属されるリハビリ科では、26名の理学療法士、2名の作業療法士、3名の言語聴覚士が、関連診療科の5つのグループに分かれ、主に病棟を巡回しながら患者へのケアを行っている。作業療法を学んだスタッフが限定的なため、立ち上がり訓練等の簡単な作業療法的サービスの提供に留まっている。隊員はスタッフの一員として患者への訓練を実施することに加え、同僚の作業療法知識・技術の向上を図り、自助具・訓練道具の作成や購入に助言するなど、サービス全般の質の改善に貢献することが期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.主に脳卒中患者と運動機能障害の患者に対して、同僚とともに作業療法を実施する。
2.患者への日々の臨床活動を通して、同僚の作業療法の知識や技術の向上を目指す。
3.ベトナムで入手可能な材料・道具を用いて自助具や練習道具の作成や提案をする。
4.高齢者等、可能な範囲で個人またはグループのレクリエーションを紹介・実施する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

超音波治療器、電気刺激療法機器、温熱療法器、肩関節輪転運動器、バランスボール

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
リハビリテーション室:室長(40代/医者)
主任理学療法士(30代、修士)
理学療法士26名(20-30代/大卒)
作業療法士2名(20代/大卒)
言語聴覚士3名(20代~30代/大卒)
活動対象者:脳卒中患者、運動機能障害のある患者

5)活動使用言語

ベトナム語

6)生活使用言語

ベトナム語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(作業療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒)保健医療 備考:同僚がすべて大卒

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:同僚への指導が必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】