JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL02722A40)
募集終了

国名
ベトナム
職種コード 職種
H113 作業療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

労働省病兵社会省

2)配属機関名(日本語)

ホーチミン整形リハビリテーションセンター

3)任地( ホーチミン市 ) JICA事務所の所在地( ハノイ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

本センターは労働傷病兵社会省直轄の施設として1966年に設立された。労働災害、交通事故、疾病、先天性障害など広く障害者のための回復期リハビリテーション施設として機能している。リハビリ科、診察科、手術科、義足科等があり、医師18名、準医師1名、看護師26名、理学療法士12名、検査技師2名、放射線技師2名を含む総勢75名が在籍する。病床80床、1日あたりの外来患者は約100名、入院患者約60~80名。2016年まで理学療法士隊員が活動し、2018-2次隊の作業療法士隊員は2020年3月にコロナ禍で退避帰国後任期終了。国際赤十字委員会が義足製作の支援を20年以上にわたり実施中である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

隊員が配属されるリハビリ科には、理学療法士12名が所属し、1日あたり入院患者20名と外来患者60名が治療を受けている。現在センターには作業療法室が設置されているが、担当理学療法士が上肢機能訓練道具や滑車運動器、自転車等の運動療法用具の使い方を患者に説明し、患者が自主練習を行うに留まっている。対象患者の7割は高齢者であり、その多くが脳血管障害の患者である。隊員には2名の理学療法士と共に作業療法を実施しつつ、同僚の知識・技術向上を図り、作業療法士人材育成を支援すること、及び医師も含めたセンターの医療従事者に、作業療法について紹介し理解を広めることが求められる。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先スタッフの一員として以下の活動を実施し、リハビリテーションの質の向上を目指す。
1.主に脳血管障害や頭部外傷の高齢患者に対し作業療法を実施する。
2.患者への訓練を通して、同僚と意見を交換し、作業療法人材の育成を支援する。
3.同僚のニーズに即した勉強会等を企画実施し、能力向上に貢献する活動を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

起立用斜面台、平行棒、バランスボール、訓練用階段、自転車、滑車運動器、介護予防マシン各種、作業療法机、ペグボード、ワイピングボード

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:センター長(50代/大卒)
リハビリ科科長(50代/医師)
主なC/P1(20代/技師/大卒)
C/P2(50代/技師/専門卒)

活動対象者:主に脳血管障害者や頭部外傷の高齢患者

5)活動使用言語

ベトナム語

6)生活使用言語

ベトナム語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(作業療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:現場応用力が求められる

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】