JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL04522A19)
募集終了

国名
モンゴル
職種コード 職種
H114 理学療法士
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

バガノール区保健センター

3)任地( ウランバートル市バガノール区 ) JICA事務所の所在地( ウランバートル市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

バガノール区は、首都から約130㎞離れた場所に位置するウランバートル市の飛び地であり、人口3万人を有する。同センターは、二次レベルの保健医療施設であり、当区住民及び近隣県の住民5.5万人に対し、医療サービスを提供している。病床数230床、入院12科、外来11科、年間予算は約2.6億円。平均外来患者数は700名/日。全職員314名(うち医師65名、看護師102名、理学療法士(以下、PT)1名)。過去にJICA海外協力隊(看護師2名、保健師4名)が派遣され、今後は歯科衛生士隊員が派遣される予定である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

モンゴルでは、脳疾患や外傷後遺症により運動機能が低下した患者が多い。加えて、同区は炭鉱業が主産業であることから、呼吸器疾患や整形外科疾患も多く、リハビリに対するニーズは高い。他方、同国では、2011年に資格を持つPTが輩出されたばかりであり、実務経験豊富な人材は未だ少ない。同センタ-では、個別評価に基づく理学療法が実施できていないことから、PTの知識及び技術の向上が喫緊の課題となっている。このような背景から、PTの能力向上を図り、同区のリハビリの質を高めることを目的として、JICA海外協力隊が要請された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 個別評価に基づいた理学療法を行う。
2. 同僚に対し、日本の理学療法を紹介しつつ、理学療法評価について助言・実技指導を行う。
3. 患者が継続してリハビリができるよう、患者とその家族に対し自宅での訓練について指導・助言する。
4. リハビリ科の医師や看護師を対象として、リハビリの質の向上を目的とした勉強会を開催する。
*マンパワーとしての活動が求められる場合がある
*理学療法を受ける患者数(入院・外来)20名/日
*主に中枢神経疾患及び整形外科疾患

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

リハビリ室2部屋(成人用と小児用)、リハビリ機材全般(プラットホーム、平行棒、歩行訓練用階段、牽引器等)、机、椅子、コンピューター

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
PT(20代女性、実務経験4年)
活動対象者:以下のリハビリ科医療従事者及び患者

同僚PT
入院担当の神経・リハビリ科医師3名、看護師5名
外来担当の伝統治療・リハビリ科医師2名、看護師8名

5)活動使用言語

モンゴル語

6)生活使用言語

モンゴル語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)又はモンゴル語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(理学療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:経験に基づいた指導が必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(ステップ気候) 気温:(-30~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

*日常会話レベルのモンゴル語が活動上必要となるため、現地語学訓練を実施予定である。
・バガノール区保健センターのホームページ http://www.bnemn.ub.gov.mn/
・保健医療福祉職種隊員の分科会での連携活動も期待される。