JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL04822A09)
募集終了

国名
ブータン
職種コード 職種
C109 農業協同組合
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

農林省

2)配属機関名(日本語)

農林省 農業マーケティング・協同組合局 協同組合課

3)任地( ティンプー県ティンプー市 ) JICA事務所の所在地( ティンプー )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先である農業マーケティング・協同組合局はマーケティング課、協同組合課、情報リサーチ課などから成る。協同組合課は農家グループや協同組合の登録、グループ・組合のキャパシティビルディング、活動のモニタリング評価などを担っている。現在、協同組合課では6名のスタッフが働いており、就業時間は9時~17時(昼休み13時~14時)。2013年~2015年までシニア海外ボランティア(現シニア海外協力隊)が活動を行った。当国の農業分野では2022年度に複数の隊員が派遣される見込みである。

【要請概要】

1)要請理由・背景

当国では2009年に協同組合法が改正され、2010年より農家グループ・協同組合の登録が開始された。2022年2月時点では約600の農家グループと約100の協同組合が登録されている。農業や畜産分野で活発に活動しているグループ・組合もあるが、運営が上手くいかず、活動が休止状態になっているグループ・組合も多い。配属先は各グループ・組合の活動をモニタリング評価し、運営が改善されるよう支援を行っているが、課題はマネージメントや結束力の欠如からマーケティングなど多岐に亘る。配属先にはグループ・組合の運営全体について助言できる人材がいないため、隊員には日本の事例も紹介しながら、ブータンに適した農家グループ・協同組合の運営についての支援が期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先と相談し、以下の活動を実施します。
1. 農家グループ・協同組合の活動や運営に関する調査および評価を行う。
2. 同グループ・組合の課題を特定し、改善策を提案する。
3. 同グループ・組合の組織強化、活性化を図る。
4. 同グループ・組合が持続可能なアグリビジネスを実施できるよう支援を行う。
5. 配属先スタッフに対して、同グループ・組合の組織運営強化のために必要な情報収集やデータ分析のICT指導を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務室、机

4)配属先同僚及び活動対象者

【配属先同僚】
- 上長: 40代女性
- 同僚5名: 20代男性1名、30代男性2名、30代女性2名(業務経験1年~11年)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:査証取得のため

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:活動上必要なため

[参考情報]:

 ・農業協同組合での実務経験は必須

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(-5~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・配属先ウェブサイト: http://www.agrimarket.gov.bt/public/farmer/detail/group/10
・現地語については、現地訓練期間に語学研修を行う予定。
・農協の地域農業に果たす役割や農業協同組合法を事前に勉強しておくことが望ましい。