JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL04822B12)
募集終了

国名
ブータン
職種コード 職種
H114 理学療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/2 ・2023/3 ・2023/4 ・2024/1
理学療法部門外観 理学療法部門内観 パロ病院の様子 パロ病院の様子 パロ病院の様子

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

パロ病院理学療法部門

3)任地( パロ県フンレル ) JICA事務所の所在地( ティンプー )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は1970年代に建設された病院で、病床数は40床。スタッフ数は約140名(うち医師が6名、看護師が32名)である。外来、入院、救急、地域保健などの部門から成り立っている。勤務は週6日で平日が9時-15時、土曜が9時-13時を予定している。過去に2名の助産師隊員(2009年-2010年、2014年-2016年)が派遣され活動を実施した。
ブータンの保健医療分野では、JICA技術協力プロジェクト「医学教育の質の強化プロジェクト」(2020年-2025年)を実施中。

【要請概要】

1)要請理由・背景

理学療法部門では3名のスタッフが、脳血管障害や脊髄損傷等の患者に対して運動療法や物理療法を用いてリハビリテーションを行っている。同部門には平均して1日20名の患者が通院している。配属先は、通院できない患者に対して、自宅や地域を訪問してリハビリテーション指導を行いたいとの意向を持っているが、現在の人員体制では通院する患者への対応が手一杯となっており訪問リハビリテーションは実施できていない。隊員が派遣されることで同部門のサービスが拡充することを期待され、要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 患者に対して身体機能回復のためのリハビリテーションを実施します。
2. 患者へのリハビリテーション指導を通じて、同僚の知識、技術の向上を促します。
3. 通院できない患者に対して、同僚と共に訪問リハビリテーションが実施できるよう計画します。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

平行棒、診察台、トレッドミル、リカンベントバイク2台、簡易的な筋力トレーニング器具、物理療法器具

4)配属先同僚及び活動対象者

同僚: 理学療法部門3名
- 理学療法士1名 (30代男性、経験5年)
- 理学療法技師2名 (30代男女各1名、経験12年)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(理学療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:業務に必要なため

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:業務に必要なため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(-5~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・現地語については、現地訓練期間に語学研修を行う予定。