JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL05422A05)
募集終了

国名
インド
職種コード 職種
G157 日本語教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育省

2)配属機関名(日本語)

クルクシェトラ大学

3)任地( ハリヤナ州クルクシュトラ ) JICA事務所の所在地( デリー準州デリー )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1956年に設立された州立の同大学は、ニューデリーから北北西に車で4時間程度(160Km)の場所に位置する。2平方キロメートルのキャンパスを持ち10学部49学科を通じて175コースを1万5千人程度の学生に提供しており、芸術・言語学部には5学科(外国語学科含む)ある。Certificate・Diploma・Advance Diplomaの3コースがある外国語学科には、フランス語・ドイツ語専攻があり、最近日本語専攻が加わった。また、ハリヤナ州内には同大学の連携機関が284組織あり、連携機関には合計50万人程度の学生が就学している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

昨今の日本語教育の需要(特に旅行業界)の高まりを受けて、オンライン日本語コース(Certificateコース)が2021年より立ち上げられた。現時点では、大学外部からの応募者中30名が選抜され授業を受けている。現時点の授業内訳は、主に社会人を対象に1.5時間、週6日程度であるが、2022年1月以降、授業時間を段階的に拡充し始めている。日本語教育の高まるニーズにこたえるべく、今後は2022年度中を目途に、同大学生も対象とした日本語Diploma・Advance Diplomaコース立ち上げを準備中(インド外務省からのサポートを得ながらシラバス策定中)。現在、インド人日本語教師2名が対応しているが、更なる授業の質の向上を目的として、協力隊が要請された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 2022年以降、増設予定の日本語コース(Diploma ・ Advance Diplomaコース)に対して、コースの質の向上を目的として、同僚・学生に対し指導・助言等を行う(カリキュラムやシラバスは現在策定中)。
2. 日本文化や、日本におけるビジネスマナー等を同僚・生徒に紹介する。
3. 同僚となるインド人日本語教師に対して、教授法を指導する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

職員室および執務デスク、ホワイトボード、マーカー、教科書『まるごと』等。

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
インド人日本語教師(40代・男性・経験10年・N2)
インド人日本語教師(60代・男性・経験10年・N2)

活動対象者:
日本語履修学生(入門~初級)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(日本語教育に関する資格)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:配属先の要望

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:配属先の要請

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(5~45℃位)

[通信]:(インターネット可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

生活使用言語は、ハリヤナ語やヒンディー語となります。