JICA

2021年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL10621A05)
募集終了

国名
フィジー
職種コード 職種
G102 環境教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
グループ型
区分
交替
4代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/1 ・2022/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

地方行政・住宅・環境省

2)配属機関名(日本語)

シンガトカ町役場

3)任地( シンガトカ町 ) JICA事務所の所在地( スバ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 3.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

同町は、国際空港があるナンディから東に70kmに位置する。フィジー最大の野菜生産地帯であり、観光スポットの1つにもなっている。人口は約2万人。配属先の町役場の保健・建築課は、住民の健康・保健行政や地域の環境行政、ゴミ処理事業、飲食店やスーパーマーケット等の公衆衛生業務、加えて道路や公共施設の維持管理などを管轄している。同町の予算は約37百万円。JICAの「大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト2(J-PRISM)」による廃棄物管理プロジェクトが実施されている。2010年から2018年まで3度にわたり隊員が派遣されている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同町は、マーケットコンポスト、ホームコンポスト、クリーンスクールプログラム(CSP)の普及に取り組み、廃棄物の減量化に努めてきた。また、処分場改善によって廃棄物管理の改善にも積極的に取り組んでいる。また、2018年より管轄地域の拡大に伴う廃棄物収集地域の拡大や、新たな廃棄物処分場やマーケットコンポストヤードの設置計画、NGOと協働しているマーケットコンポストの更なる改善など、同町の廃棄物管理を取り巻く状況にも変化が生じている。配属先は、廃棄物管理業務を強化するための支援と助言を得たいと考え、JICA海外協力隊の派遣要請となった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

廃棄物減量化・管理戦略に沿って、3R活動推進のため以下の活動を、地域住民を巻き込みながら配属先と共に行う。
1. マーケットや商店、住民対象の3R啓発活動、キャンペーンの企画、巡回活動(廃棄物収集や分別収集への協力依頼、広報活動等)
2. マーケットから排出される廃棄物の減量化(コンポスト化や商品化への支援)、マーケットでの分別回収促進のための啓発活動
3. 小中学校や一般市民を対象とした3R活動推進のための啓発活動への協力(クリーンスクールプログラムなど)
4. 近隣の行政機関へ派遣されている環境隊員やJICAプロジェクトとも連携し、上記の活動を推進する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

一般的なオフィーススペース(PC、プリンターなど)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: 副町長(CEO)、保健検査官、保健検査官補、3Rオフィサー他、42名。廃棄物管理の職員3名が主な同僚となる。


活動対象者: 商店街、ホテル、野菜市場関係者、小中学校の教師並びに生徒。

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:環境教育関連の経験

[参考情報]:

 ・コンポスト、一般家庭ゴミ等の啓発活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯雨林気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

※政府・配属先から提供される住居に、同性のJV等と2~3人で同居になる可能性がある。
生活使用言語として、フィジー語、ヒンディー語が分かると便利である。