JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL10622A02)
募集終了

国名
フィジー
職種コード 職種
A101 コミュニティ開発
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

女性・子供・貧困緩和省

2)配属機関名(日本語)

女性局 中央地域事務所

3)任地( ナウソリ町 ) JICA事務所の所在地( スバ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

女性局は、本省が掲げる国家ジェンダーポリシーの枠組み(2020~2025年)に基づき、ジェンダー問題、女性の所得向上支援、ドメスティックバイオレンス、貧困等からの保護、職業訓練を行い、女性の自立支援、地位向上に取り組んでいる。2009年には女性の所得創出プロジェクトを開始し、各コミュニティの女性グループによる所得向上の取り組みに対する助言や、外部講師による技術研修などを実施し、その運営をサポートしている。2010~2019年はWoman's Plan of Actionで一定の成果を挙げており、現在は新しいアクションプランを策定中である。中央地域事務所は首都周辺を管轄し、地域内の支所にもスタッフを配置している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

中央地域事務所では、女性グループの所得創出プロジェクトとして、コミュニティで手工芸、食品加工、フラワービジネス、ココナッツオイルなどを製造、販売している。女性たちは、組織運営や収益向上の知識やスキルはほとんどなく、女性局の支援を受けて運営しており、マーケティング、商品開発のアイデア、ビジネス戦略など、幅広い範囲でのさらなる支援を必要としている。また、他地域事務所に比べ、配属先女性局のスタッフは全体的に若く、十分なマネジメント力が定着していない。2017年から隊員が派遣されているが、新たな視点でのアイデアや、モニタリングと評価の手法など、プロジェクト運営に関わる知識のさらなる向上を期待し、後任の要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先スタッフの一員として、同僚と協働で以下の活動を行う。
1.女性グループのデータベース(所得向上プロジェクト他)の管理(改善、構築を含む)への支援を行う。
2.女性グループの生産性の向上、販路拡大等をモニタリングしつつ、ビジネスの改善への助言や提案を行う。
3.女性局のスタッフとの協働を通じて、ビジネススキルや運営方法の改善のための技術や知識を伝える。
4.局内スタッフのモチベーション向上への働きかけを行う。
スタッフは商品開発やマーケティングのスキルや知識があまりないため、隊員がリードして活動を行いながら、スタッフの能力向上、人材育成にも貢献が期待されている。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務机、事務機器

4)配属先同僚及び活動対象者

【配属先同僚】
・事務所長(女性、40代)
・スタッフ(20~30代、6名女性、1名男性)
・運転手(男性2名)
【活動対象者】
女性グループメンバー、コミュニティ住民

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:配属先要望(下記いずれか)

[汎用経験]:

 ・地域開発や地域活性化の知識や経験

 ・営業や販促、商品開発の経験

[参考情報]:

 ・プロジェクトマネジメントの知識や経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯雨林気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】