JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL11522B06)
募集終了

国名
ミクロネシア
職種コード 職種
G115 水泳
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/4 ・2024/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

2)配属機関名(日本語)

ポンペイ水泳クラブ
NGO

3)任地( ポンペイ州コロニア ) JICA事務所の所在地( ポンペイ州コロニア )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ポンペイ水泳クラブは、国際水泳連盟所属のミクロネシア連邦水泳連盟の登録非営利団体であり、東京オリンピックに男女1名ずつ水泳選手を出場させたナショナルオリンピック委員会(NOC)の傘下にあり、国際大会出場を目指す選手の指導及びポンペイ州の選手育成に携わっている。 又、水上安全意識改善にも力を入れており、ポンペイ州の人達が安全に水上スポーツに参加することを促進している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ミクロネシア連邦国内には競泳選手を育成できる指導者はおらず、選手は海外で指導を受けざるえなかったが、屋外スイミングプール及びシャワー室が修理・改善されたことに伴い、国内での選手育成を目指して、2017年3月より長期隊員が中心となって水泳チームの強化を図り、東京オリンピックに男女1名ずつ水泳選手を出場させることができた。しかし指導者が十分に育っていないため、引き続き選手育成には支援を必要としており、パリ・オリンピックを含む国際大会へ出場を目指す選手への指導と、選手層を厚くするための低年齢層とコーチの育成を要請されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先の同僚らと共に、以下の活動を行う。
1..オリンピックを含む国際大会への出場を目指す選手に対する水泳指導。
2.競泳者を目指す子供への指導。
3.選手の練習場所であるミクロネシア連邦唯一のプール(屋外)の維持管理(水質管理)に対する指導・支援。
4.プールの運営を支援する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

屋外プール(25m×7レーン、深さ2m)、机、コンピュータ

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
代表(50代,女性)
コーチ2名 (1名はFINA公認コーチ)


5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(JSPO公認コーチ3(旧コーチ))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(指導経験)3年以上 備考:経験に基づいた指導が必要
    (競技経験)5年以上 備考:専門的指導が求められるため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯雨林気候) 気温:(25~33℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

任地での現地語学研修では、英語を使用して現地語(ポンペイ語)を学習する。配属先では英語での活動が可能。