JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL12722A12)
募集終了

国名
ソロモン
職種コード 職種
H113 作業療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
1代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3
ホニアラ市CBR課のスタッフと打ち合わせ

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健・医療サービス省

2)配属機関名(日本語)

ホニアラ市役所CBR課

3)任地( ホニアラ市 ) JICA事務所の所在地( ホニアラ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ホニアラ市役所地域リハビリ課はホニアラ市内を中心としたCBR(Community-Based Rehabilitation地域社会に根ざしたリハビリテーション)サービスの提供を行っている。具体的には地域のコミュニティやクリニックを巡回し、障害者へのリハビリ・サービス、リハビリ器具(杖、歩行器、車いす)の提供、そして障害予防のための啓発活動も実施している。また保健・医療サービス省やガダルカナル州政府CBR課との協働体制にもあり、協力して啓発イベントの運営にも関わっている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ソロモンではリハビリテーションが必要な人口は多いが、まだリハビリテーションに対する概念が浸透しておらず、病院やクリニックでリハビリテーションに接する機会も少ない。ホニアラ市役所ではこのような地域でリハビリが必要な人々を訪問し、リハビリや補助器具、家族への介護指導などを行っている。 ホニアラ市役所のCBR課の活性化に伴い、実際のリハビリや助言など必要なことから要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

CBR課の一員として同僚とともに活動する。
1ホニアラ周辺の障害者宅を訪問し、評価、リハビリや家族への介護指導など行う。
2配属先のCBRスタッフに評価やリハビリ治療を指導するとともに、スケジュールや記録管理について助言を行う。
3配属先及び保健省CBR課にて障害者支援事業全般のサポートを行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

車いす、杖、歩行器など

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚::
CBR課責任者 1名
CBRフィールドワーカー 3名
コーディネーター(看護師)1名
活動対象者:
地域住民、患者、患者家族、地域クリニックのスタッフ

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(作業療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:同僚に助言するため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯雨林気候) 気温:(22~32℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

任地での現地語学研修では、英語を使用して現地共通語ピジン語を学習する。