JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL21222A03)
募集終了

国名
ベリーズ
職種コード 職種
G102 環境教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

農村変革コミュニティ開発労働地方政府省

2)配属機関名(日本語)

サンイグナシオ・サンタエレナ町役場

3)任地( カヨ郡サンイグナシオ町 ) JICA事務所の所在地( ベリーズシティ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 2.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ベリーズの地方行政区は、2つの市、6つの郡から構成されている。配属先のあるカヤ郡サン・イグナシオ町はベリーズ中西部に位置しており、グァテマラと国境を接しているため、スペイン語を母語とする住民が多く住んでいる。任地は中央に流れる川を挟んで右岸がサンタエレナ、左岸がサンイグナシオという二つの町で一つの行政区となっている。町は農業とエコツーリズムが盛んで人口は約2万人。町役場は住民に対して種々の行政サービスを提供しており、ゴミの収集及び処分場への搬送、公共の場の清掃等は衛生課が担当している。同課には約20名のスタッフとゴミ収集に使用する車両6台がある。

【要請概要】

1)要請理由・背景

任地はエコツーリズムが盛んで多くの観光客が訪れるため町の美化が重要な課題の一つであるが、現状は清掃担当者を増やして公共施設の清掃をしているが清掃コストが嵩んでいる。また、町が傾斜地に形成されているため大雨の時などには排水溝の水が溢れ鉄砲水の様になり道路や家屋に被害が出ている。配属先では排水溝の拡張工事をして増水被害の軽減を図っているが、排水溝にごみが溜まると増水の被害が拡大することになる。これらの課題を解決するために配属先では住民への環境教育の実施が重要と考えられているが、実施できる人材が不足しているため今回のJICA海外協力隊員の要請となった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.市内の教育機関を定期的に巡回して、環境教育の授業の実施。
2.学校の環境クラブやガーデニングクラブの活動支援。
3.住民に対して家庭ごみや事業ごみの削減の為のワークショップや啓発活動の実施。
4.環境NGOや市民団体、政府機関などと連携した環境教育イベントの実施や市内のごみ箱設置、市内の美化キャンペーン等の実施。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

共通執務室、執務デスク、椅子

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚 : ゴミの収集及び清掃に従事している職員20名(男女、20~50代)

活動対象者 : 町内の小学校の児童(8~12歳)及び地域の環境NGO及び市民団体職員

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:主に教育機関で活動するため

[経験]:(指導経験)2年以上 備考:主に教育機関で活動するため

[汎用経験]:

 ・環境関連、教育、企画・運営、営業等の経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】