JICA

2021年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL21521A13)
募集終了

国名
コスタリカ
職種コード 職種
G113 体操競技
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/1 ・2022/2 ・2022/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

スポーツ・レクリエーション庁

2)配属機関名(日本語)

コスタリカ体操連盟

3)任地( サンホセ県サンホセ市 ) JICA事務所の所在地( サンホセ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

コスタリカ体操連盟は国内36の体操協会を統括する団体で、国際体操連盟やコスタリカ政府から資金を得て活動している。新体操、女子体操、男子体操(競技人口順)で約4,000人の競技者と約80名のコーチを擁し、今後は新競技パルクールも扱う方針。国内の体操競技人口の拡大と技術レベル向上を目指し、体操教室及び大会の運営やナショナルチームへの支援に加え、受刑者子弟への体操教室や教育省との共催による農村地域での体操教室によりスポーツを通した青少年の健全な育成にも取り組んでいる。なお、コロナ禍においてもオンライン大会を企画し、可能な範囲での活動を続けている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

競技レベルも指導レベルもある低度確保されているものの、身体機能強化の知識に基づいた練習計画、心理的アプローチ、怪我の防止、強化選手への専門的指導等が必要とされており、隊員要請に至った。競技人口では新体操が最も多いが、女子体操の競技レベルと指導方法の向上が求められている。また、コスタリカ体操連盟はスポーツを通じた青少年の健全な育成にも力を入れており、社会的に困難な立場にある子ども達への体操教育への協力も期待されている。なお、前任(シニア海外ボランティア)は、選手への直接指導をしながら活動計画を策定し、本格的な活動を開始しようという時にコロナ禍により帰国となった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.首都圏の複数の活動拠点にて、選手への直接指導や、指導者へのアドバイスを行う。(例:4歳~18歳の約25名の選手および5名のコーチを対象とした1回あたり4時間程度の練習)
2.選手のカテゴリ・発達段階・競技力に応じた練習計画を同僚と作成・実践する。
3.体操連盟が主催する受刑者子弟への体操教室の運営を支援する。
3.地方の選手・指導者に対する指導・アドバイスを行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

体操競技用機材一式(女子体操競技4種、男子体操競技6種)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
カウンターパート(連盟会長50代女性、在職25年)
同僚(20歳代女性、在職2年)
指導者(10代~30代、約80名)

活動対象者: 競技者(4歳~18歳、約200名)
指導者(10代~30代、約80名)

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)5年以上 備考:実践指導を行うため
    (指導経験)3年以上 備考:指導方法の提案を行うため

[参考情報]:

 ・新体操の指導もできればなお良い

任地での乗物利用の必要性

不要

現職教員特別参加制度

×

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(15~25℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・住居は原則ホームステイとする。
・殆どの国内大会ではアメリカの規定演技USA Gymnasticsを採用している。
・トップレベルの選手は、中米でも上位に位置している。