JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL21522A06)
募集終了

国名
コスタリカ
職種コード 職種
G124 野球
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

コスタリカ・スポーツ・レクリエーション庁

2)配属機関名(日本語)

コスタリカ野球連盟

3)任地( サンホセ県サンホセ市 ) JICA事務所の所在地( モンテスデオカ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 0.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

コスタリカ野球連盟は野球の普及と競技レベルの向上及びコスタリカにおける青少年の健全な育成への貢献を目的としており、国内11の野球協会が加盟している。野球教室や試合の運営に加え指導者資格の認定も行っており、近年は全国規模で小中学校におけるベースボール型体育授業や「ベースボール5(ファイブ)」(日本の三角ベースに似た5人制野球遊び。)の普及にも取り組んでいる。コスタリカ野球連盟には4歳から60歳以上まで約3000人が選手として登録されており、2021年には女性チームも誕生した。

【要請概要】

1)要請理由・背景

コスタリカ野球連盟が教育省と連携して小中学校でベースボール型体育授業やベースボール5の普及に取り組むにあたり、同指導知識を有する日本人指導者が必要とされているほか、日本式野球の礼儀と規律を伝えることで青少年の健全な育成への貢献が求められている。また、ナショナルチーム及び指導者らのスキル強化に加え、競技人口拡大に欠かせない練習場や球場の増設のための戦略策定への協力により、コスタリカにおける更なる野球の普及と競技レベル向上への貢献も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 首都圏の小中学校を訪問し、ベースボール5の授業運営を支援する。(平日ほぼ毎日、特に貧困地域の学校を重点的に巡回する。)
2. コスタリカにおける野球普及の戦略(練習場数の拡大や企業サポーター探し等を含む)の策定と実施を支援する。
3. ナショナルチームのアシスタントコーチとして、競技レベル向上に貢献する。
4. コスタリカ野球連盟が関わる野球教室や試合の運営を支援する。
5. 配属先に短期隊員が派遣される場合には、短期隊員の受け入れ及び活動支援を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

野球場、野球場に隣接する事務所、市内のスポーツ複合施設内の小規模野球場、野球道具一式(子供への貸し出し用含む/子供の使用ボールは軟式・硬式、バットは金属製。)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
・カウンターパート:事務員(40代女性、在職7年)
・野球連盟所属指導者30名(5年以上の指導経験)

活動対象者:
・野球チ―ムの子供と成人(約3000名)
・コ―チ陣(20代~50代、約90人)とその他の協力者

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)10年以上 備考:競技レベルを確保するため
    (指導経験)2年以上 備考:コーチへの指導に必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(10~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・住居は原則ホームスティとする。
・野球連盟公認指導者の中には女性指導者も存在し、女性ボランティアも歓迎。
・ベースボール・ファイブをきっかけにソフトボールを始める子ども(特に女児)もいるので、ソフトボールのピッチング指導ができればなお望ましい。