JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL23322A01)
募集終了

国名
グアテマラ
職種コード 職種
H114 理学療法士
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

大統領企画府

2)配属機関名(日本語)

サンティアゴアティトラン障害児・者支援協会(ADISA)
NGO

3)任地( ソロラ県サンティアゴアティトラン市 ) JICA事務所の所在地( グアテマラシティ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 船+バス で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

同協会は様々な障害のある住民が地域社会に溶け込み、自身とその家族の生活を豊かにすることを目的として障害児・者の保護者・家族・友人が立ち上げた。活動内容は、障害児・者学校の運営、村落の学校でのインクルーシブ支援、6歳以下の障害児のいる家庭を訪問し、障害の実態把握や行動特性の理解・診断を行ったうえでの家族への支援等である。その他、理学療法士、言語聴覚士による治療、手工芸を通した自立活動支援にも取り組んでいる。2018年12月まで初代の、2020年3月まで2代目の障害児・者支援隊員が活動していた。年間予算は約45万6000米ドル(財源は、外国の支援団体の委託プロジェクトと個人の寄付)。フランスやアイルランドからのボランティアの受け入れも行っている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先は、0歳~6歳の単・重複障害児の実態把握・行動特性・診断調査を家庭訪問先の児童および配属先に通う児童を対象に実施、調査結果を踏まえ各人に合ったプログラムを作成している。より良い支援やサービスを実現すべく、これまでに2名の障害児・者支援隊員が配属され、初代隊員は子どもに対する早期刺激プログラムや両親への研修等を行った。2代目隊員はインクルーシブ教育部局に所属し、算数を主とする児童への学習指導のサポートや日常生活に関するグループ指導への要望があった。今回、障害を持つ乳幼児と家族への、より適切かつ効果のあるリハビリスケジュールの作成支援と、同配属先理学療法士の知識・技術の向上を目的に要請が出された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

障害のある乳幼児(0~6歳)及び、その家族への支援と、配属先の理学療法士や大学の研修性の知識・技術の向上を目的に以下の活動を行います。
1.障害を持つ乳幼児を中心に個別のリハビリ計画の立案と実施への支援を行う。
2.障害を持つ乳幼児の家族に対し、家庭における適切な運動療法についての助言を家庭訪問や両親学級等を通して行う。
3.配属先の理学療法士や、実習生への臨床場面を通しての指導を行う。
主な障害は、脳性麻痺起因の機能障害と発達障害。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

理学療法のためのスペース、器具(マット、ボール、玩具等)、事務机

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
配属先長(男性)
カウンターパート(30代女性、理学療法士)
スタッフ3名(20~30代女性)、研修生4名(20代、大学生)
活動対象者:
脳性麻痺児及び発達障碍児とその家族

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)又はスペイン語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(理学療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(専門学校卒) 備考:同僚とのバランスのため

[経験]:(指導経験)3年以上 備考:同僚らへの指導のため
    (実務経験)3年以上 備考:理学療法を実施するため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(10~25℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

住居はホームステイを基本とするが、感染症対策を重視しアパートとなる可能性もある。