JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL23922A02)
募集終了

国名
ホンジュラス
職種コード 職種
I102 障害児・者支援
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

内務司法地方分権省

2)配属機関名(日本語)

アルカ・ホンジュラス・チョルテカセンター
NGO

3)任地( チョルテカ県チョルテカ市 ) JICA事務所の所在地( テグシガルパ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 3.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

アルカ(Arca)は途上国約40ヵ国で障害者支援を行う国際NGO(本部フランス)。ホンジュラスでは、首都テグシガルパとチョルテカ市で主に成人・高齢者を対象とした知的障害者施設を運営している。配属先のチョルテカセンターは1986年に設立。入所、通所施設を備え、心理士を含む18名のスタッフが約40名の障害者に対し支援を行っている。運営資金は人件費のみフランス本部から配賦があり、残りは地域の製糖企業、エビ輸出企業等からの寄付金や市民からの募金、障害者が制作・販売する物品の販売利益等からまかなっている。年間予算は約15万米ドル。

【要請概要】

1)要請理由・背景

当国では障害のある人との共生社会について徐々に理解が進んできているとは言え、依然障害者を対象とした福祉施設は少なく、施設同士の相互交流も含め、関係者の専門的な知識を高める機会は限られている状況にある。配属先においても、入所・通所者に対して日常生活の能力向上に向けた支援のほか、ハンモックやまな板等の制作・販売を通じて障害者の自立と社会参加も支援してきているものの、福祉サービスをさらに向上させるため、現在実施中のプログラムの充実が課題となっている。また、共生社会の実現に向けた地域住民への理解促進も配属先にとっての重要な課題であるところ、これらの課題解決に向けた協力を求めて本要請が出された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先に入所・通所する知的障害者(身体障害を合併する人を含む)を対象に、配属先関係者と協力して以下の活動を行う。
1.日常生活の能力向上に向けた支援
2.製品の制作・販売活動など、障害者の自立と社会参加に係る支援
3.遊びや音楽等のレクリエーション指導への協力
4.地域との交流行事の企画・実施など、共生社会実現に向けた地域住民への理解促進に係る支援
5.赴任後、1~4も含めて配属先と相談の上、隊員の経験を活かした実施可能な活動を検討する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

作業施設、宿泊施設、身体・生活機能向上用施設

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: 所長(女性、40歳代)、作業所関係者5名(コーディネーター:男性、30歳代)、身体・生活機能向上支援3名(男性1名、女性2名)、心理士1名(女性、30歳代)、スタッフ9名

活動対象者: 主に知的障害を持つ入所・通所者(成人・高齢者)及びその家族

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:同僚への指導が含まれるため

[汎用経験]:

 ・障害者を対象とした活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

原則ホームステイとする。但し、現地事情により一人暮らしとなる可能性もある。