JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL23922A20)
募集終了

国名
ホンジュラス
職種コード 職種
G159 数学教育
年齢制限
活動形態
グループ型
区分
交替
4代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育省

2)配属機関名(日本語)

エル・パライソ県教育事務所

3)任地( エル・パライソ県ダンリ市 ) JICA事務所の所在地( テグシガルパ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 3.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ダンリ市は、同国南東部のエル・パライソ県の中心都市で、葉巻やとうもろこしの生産で知られる。人口約22万人の同国第4の都市。エル・パライソ県教育事務所は、県内19市の基礎教育にかかる政策・予算・人事の管理を行っている機関で、「財務」「人材能力」「調達」「教育サービス」「企画」「カリキュラム・評価」「教育制度」の7つの局から成る。同事務所には54名のスタッフが在籍しており、教員研修を担当する 「カリキュラム・評価局」には4名のスタッフが配属されている。政府からの予算は人件費のみで、教員研修等の活動のための安定的な予算は確保されていない。同県には、現在、基礎教育第3サイクル(日本の中学校課程に相当)を擁する公立学校が131校登録されている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同国の基礎教育第3サイクルは、高い留年率(約4.4%)と中退率(約8.7%)が問題となっており、その原因のひとつに数学の成績が進学の基準に達しないことがあげられている。これまで、2003年~2011年の間に2回にわたって「算数指導力向上プロジェクト(PROMETAM)」が実施され、算数・数学の基礎教育強化が図られた。2015年~2018年には「数学指導力向上プロジェクト(PROMETAM)」が実施され、基礎教育第3サイクルの数学教材の改訂と、中等教育(日本の高等学校に相当)の数学教材が作成された。プロジェクト終了後も、算数・数学教育の現場レベルにおいて、隊員による協力活動を行ってきている。同市ではこれまで数学隊員2名と小学校教育(算数)隊員4名が活動してきたが、現職教員の経験や知識は十分とはいえない状況であることから、引き続き支援を求めて本要請が出された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

モデル校(2~3校)での活動を中心に、以下の活動を行う。
1. モデル校の数学授業を観察しながら、教員に対して、生徒を主体とした授業の教授方法についてアドバイスを行う。
2. 県・市教育事務所が実施する現職教員向け研修会の質的向上のため、模擬授業の実施方法等について指導する。
3. モデル校や研修会において、教師用指導書を用いた授業の実施を支援する。
4. 算数・数学分野の他隊員と連携し、「共通学力テスト」の実施と結果分析、全国教員研修会の開催支援等を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

机、椅子、過去の隊員が作成した教材等。(定規、分度器、コンパス等の教材は、学校に常備されていない)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚 : 県教育事務所カリキュラム・評価局スタッフ(30~50代)
活動対象者 : 活動校校長(40~50代)、数学教員(30~40代)、生徒(13~15歳)
※活動の中心となるモデル校は、事前にホンジュラス事務所と県教育事務所との協議により決定する。

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(中学校又は高等学校教諭(数学))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(    ) 備考:

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(15~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

原則ホームステイとする。但し、現地事情により一人暮らしとなる可能性もある。