JICA

2018年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL24818A19)
募集終了

国名
ニカラグア
職種コード 職種
H107 助産師
年齢制限
活動形態
グループ型
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

セラヤセントラル保健管区 エル・ラマ支所

3)任地( 南カリブ海岸自治地域エル・ラマ市 ) JICA事務所の所在地( マナグア市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 6.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は、保健省が実施する保健医療サービスを市レベルで統括する保健行政機関で、セラヤセントラル保健管区に属する。支所はエル・ラマ市の一次医療機関である保健センター内にあり、約58,000人の住民の健康管理、保健医療サービス体制の強化、保健活動への市民参加促進、巡回指導や啓発活動、モニタリング、カサ・マテルナ(お産を待つ家)への支援等を行っている。当該地域では、2015年7月から2019年7月にかけてJICA技術協力プロジェクト「チョンタレス保健管区とセラヤセントラル保健管区における母と子どもの健康プロジェクト」(通称SAMANI)を実施中である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

エル・ラマ市には22か所の保健地区があり、配属先は地区単位で保健業務を行っている。各地区では、家庭地域保健チーム(医療者によって構成)とコミュニティ・ネットワーク(保健ボランティア、産婆、地域のリーダー等によって構成)が現場レベルの保健活動を担い、同配属先は地域保健や女性・子ども・青少年のケア等の各種プログラム、関係者の能力強化研修、地域巡回指導、母子保健の地域保健戦略である「出産計画」の推進等を通して、その活動を支援、モニタリングしている。その中でも特に、プロジェクトSAMANIが取り組む母子保健分野や、配属先が実施している若年妊娠の予防に関する業務は、当国保健政策の中でも優先度が高く、強化が求められていることから、本要請に至った。本要請はグループ型派遣の一環であり(助産師JV3名が活動中)、グループ内の情報交換や共同講習会の実施、さらに、SAMANIとの連携も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先同僚と共に以下の活動を行う。
1. 保健ボランティアや産婆に対する地域保健活動の実施支援(出産計画の実施とモニタリング、避妊法の普及等)および保健指導の知識や技術の提供を行う
2. 妊産婦のケア(特に危険兆候への早期対応等)をテーマとする研修会を実施し、教材や指導法を改善する
3. カサ・マテルナで行う妊婦講習会や、青少年に対するリプロダクティブ・ヘルス講習会の実施を補助する
4. 保健管区や市レベルのコミュニティ・ネットワーク集会で行う地域保健活動のモニタリングを支援する
5. 家庭調査票や集落マップ、妊産婦管理台帳等、地域の保健情報管理システムの運営を支援する

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

事務用品(机、椅子等)、文房具、PC(Dell, Windows 2005)、母子保健に関する規則・規範集、地域保健業務マニュアル(カサ・マテルナ、出産計画等)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先長:医師、経験1年、男性、20代
同僚:地域保健責任者、看護師、経験17年、女性、30代
看護師長1名
女性・子ども・青少年ケア責任者1名
コミュニティ・ネットワーク責任者1名
市内の保健ボランティア121名、産婆75名

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(助産師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:同僚への技術支援を行うため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

母子保健の知識やリプロダクティブ・ヘルスに関する啓発活動の経験があるとなお良い。