JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL30622A06)
募集終了

国名
ボリビア
職種コード 職種
G113 体操競技
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健・スポーツ省

2)配属機関名(日本語)

南ボリビアスポーツセンター(CEDEPSUR)
NGO

3)任地( チュキサカ県スクレ市 ) JICA事務所の所在地( ラパス県ラパス市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+車 で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は1994年に設立されたNGO団体で、「国境なきスポーツ」をモットーに、スポーツ(サッカー、フットサル、ボクシング、体操等)の指導を通し健全な青少年の育成を目指している。過去にはサッカー部門で長期・短期隊員が複数名活動しており、生徒への技術指導のみならず、クラブ運営に関する助言や規律に関する指導も実施した。活動先の体操部門には、体操競技の基礎を身に着け、国内の大会への参加経験のある選手を含む約40名の生徒が在籍している。サッカー部門には過去に2名の隊員が派遣された実績があり、2022年度上半期募集でもサッカーの隊員の要請が出されている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

体操部門は設立から短期間で国内でも優良な体操クラブとして周知されている。その背景には、選手の多くが体操競技における基礎を習得し、国内大会への参加する選手を輩出するまでに至ったことが理由として挙げられる。一方、今後の選手の技術レベル向上に関しては指導者の人数や経験不足等の理由から未だ発展途上にあると言え、選手への指導をはじめ、指導者の技術向上も目指すことを目的に本要請に至った。ゆくゆくは南米選手権といった国際舞台で活躍する選手の育成を目標としている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先の同僚と協働し以下の活動を行います。
1.中級レベルの体操選手や同僚へ技術指導を行う。
2.トレーニングの紹介や計画・実施する。
3.競技人口を増やすことを目的にしたイベントや大会の計画、実施の支援をする。
※COVID19の感染状況により活動内容変更の可能性有

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

体操器具(メーカー製のものではない。鉄製) ※写真参照

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
女性・コーチ(経験年数:15年)
女性・コーチ補佐(経験年数:1年)

活動対象者:
体操選手(約40名)

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

スペイン語(レベル:D)又は英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(女性) 備考:女性への指導となる為

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)3年以上 備考:活動上必要
    (指導経験)2年以上 備考:指導が必要なため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(高地地中海性気候) 気温:(5~25℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

中級レベル以上の体操選手への指導経験があることが望ましい。