JICA

2019年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL31219B09)
募集終了

国名
チリ
職種コード 職種
G130 柔道
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2020/1 ・2020/2 ・2020/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国際協力庁

2)配属機関名(日本語)

チリ柔道連盟

3)任地( サンチアゴ ) JICA事務所の所在地( サンチアゴ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先であるチリ柔道連盟は、チリ国内の柔道クラブを統括する組織として、チリオリンピック委員会や国際柔道連盟に認知されている団体。10名の役員及び3つの委員会(倫理・規律、技術、会計)で構成されている。国内13か所に強化選手育成センター、5か所に指導者育成教室がある。フランス人のヘッドコーチや、スペイン人コーチが雇用されている。2017年度年間予算は20万USドル。 www.fejuchile.cl/

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先では、国際試合に対応できる選手の育成を目的として、海外からのコーチを招へいし、選手や指導者の育成、指導力の強化を図っている。徐々に成績も上がってきており、2017年度は世界大会に出場する選手も輩出するなど、効果を上げている。配属先では短期的目標として、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに出場できる選手の育成を掲げており、若年層の柔道人口増加と技術向上を目指しているところから、継続した技術支援が求められている。2015-2017年にJICAボランティアが活動したが、引き続き代表選手への指導と、チリ国内巡回指導等、チリ国内での柔道普及への支援が期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

以下の活動を、配属先と協議しながら実施する。
1.サンチアゴに於いて、チリ代表候補選手(男性)に対して技術指導を行う。
2.稽古内容の改善点についてコーチ陣と相談しながら、より効果的な稽古・指導方法を導入する。
3.地方合宿に参加して、選手や指導者への助言を行い、チリにおける柔道の普及に貢献する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

道場

4)配属先同僚及び活動対象者

カウンターパート:柔道指導者(チリ人男性、指導歴9年、30歳代)
対象者:国際大会代表候補選手(全員男性)
首都の10-30代(部活・一般レベル)の柔道学習者

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)又はスペイン語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(男性) 備考:配属先の希望

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)5年以上 備考:同僚への指導有

[参考情報]:

 ・柔道三段以上

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(地中海性気候) 気温:(0~30℃位)

[通信]:(インターネット可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

柔道学習者は学生や社会人が多いことから、活動は夕刻~夜間となる。また合宿や練習試合等で、地方巡回も多い。