JICA

2019年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL31519B15)
募集終了

国名
コロンビア
職種コード 職種
G130 柔道
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2020/1 ・2020/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

大統領府国際協力庁

2)配属機関名(日本語)

コロンビア日系人協会
日系社会

3)任地( バジェ・デル・カウカ県カリ市 ) JICA事務所の所在地( ボゴタ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+車 で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1952年に設立された同国唯一の日系人協会。1.日系人の親睦および現地コロンビア人との融和を図る。2.日本語及び日本文化・日本武道の普及等を目的とした活動が実施されている。日本語学校の他、日系人クラブ、日本武道会(柔道・空手・合気道・剣道)が運営されている。海外協力隊としては、これまで日本語教師、団体事務、生け花、柔道等で協力している。配属先の活動対象者には日系人が含まれていますが、その多くは現地コロンビア人であり、コロンビア社会にも貢献しているため本要請は一般案件となった。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先は日本文化の普及活動の一環としてカリ市の南部及び北部に道場を建設し剣道や柔道の指導を行っている。南部道場では指導者1名(5段)、助手2名(初段1名、茶帯1名)計3名で柔道の指導を行っており、約60名の生徒が通っている。北部道場では指導者1名(初段)で7名の生徒に柔道の指導を行っている。配属先の課題は、北部道場の指導者の指導経験が浅いこと、南北道場の指導方法が統一されていないことであり、より多くの人に柔道を通じて日本文化を知ってもらいたいという意向も持っている。そのため、指導者の指導技術の向上を目指し、南北道場における一貫指導の確立を図るなど、柔道の普及振興への支援を行うため、隊員を要請した。なお、日系人協会が実施する日本文化紹介イベント等への支援が求められる可能性がある。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先関係者と共に以下の活動を実施する予定である。
1.北部道場の指導者の指導技術向上のための支援を行う。
2.柔道の普及活動を支援する。
3.北・南道場に通う生徒を対象に柔道の指導を支援する。
4.北・南の道場での指導方法の統一を支援する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

道場2個所

4)配属先同僚及び活動対象者

カウンターパート:両道場の管理者、男性、60代
指導者北部道場:男性、30代、初段、1名
南部道場: 男性、40代、5段、1名
生徒数:4~6歳約20名(男12名、女8名)、7~12歳約31名(男19名、女13名)、社会人約16名(男性12名、女性4名)

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)又はスペイン語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(指導経験)3年以上 備考:活動に必要であるため

[参考情報]:

 ・柔道三段以上

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯夏季少雨気候) 気温:(20~33℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

現地語学訓練は、首都ボゴタ(標高2,640m)にて約1ヶ月間実施を予定。任地カリ標高は1,018mである。