JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL31522A04)
募集終了

国名
コロンビア
職種コード 職種
G101 青少年活動
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

労働省

2)配属機関名(日本語)

国立職業訓練庁イタグイ地域局

3)任地( アンティオキア県イタグイ市 ) JICA事務所の所在地( ボゴタ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

国立職業訓練庁は、労働者、雇用者、政府の三者が協力して、当国の老若男女に広く無料で研修受講機会を提供し、各職業分野における熟練工育成と国の産業振興に資すること、国内の製品レベルの向上による国際競争力強化、および雇用率向上と貧困削減によるよりよい社会の実現等を目的として1957年に設立された国立の職業訓練機関である。全国32県とボゴタ首都圏の計33の地域局を持ち、各地域局傘下の117センターにおいて、長期。短期の様々な職業訓練コースを実施し、年間約300万人が参加する。各地域局は各地域の産業特性に合ったコースを設置。長期コース修了者には労働省許可の修了証が発行される。年間予算は、約6万米ドル。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同センターは、現在約3,000名の若者が在籍しているが、うち約60%は成長過程において、特に経済的、家庭的事業で十分な学校教育を受ける機関がなかったり、基本的生活習慣や社会生活を営むために必要な規律、モラルなどが身についていない場合が多く、職業訓練コース途中でのドロップアウトや終了後就職先での仕事が続かない、ドラッグなど問題行動が目立ち、同センターの悩みの種となっている。これらの問題に対処するため同センター福利厚生課では、様々な課外活動や昼食サービス提供、体育、保健医療関連の授業実施などを行っている。問題を抱える若者たちに行動変容を促すための、効果的な対応方法を関係職員たちと共に考え、実践していくことを期待され、今回の要請となった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先の福祉課担当職員と共に以下の活動を行い、参加者のモチベーション向上や行動変容のための支援を実施する。
1.福祉課が実施するさまざまなサービスの実施支援を行う。
文化(歌、伝統的なダンス)、芸術(絵画など)、健康(栄養、健康管理、性教育)、スポーツ(ジム、ダンス、バスケットボール)、 課業優秀者の表彰、経済的支援(昼食券やバスの乗車券の支給、生活費補助等)
2.上記のような活動を通じで、リーダーシップを育み、また社会的な責任を果たしていくマインドや協調性を育てていく。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

福祉課内に執務スペース、事務用品一般

4)配属先同僚及び活動対象者

カウンターパート:7名(司祭、心理学士2名、ソーシャルワーカー2名、スポーツ担当1名、美術文化担当2名)
対象学生:約1600名(18歳から25歳)

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)又はスペイン語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:活動上必要であるため

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:即戦力が求められる

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(16~28℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

住居はメデジン市内で、バスで通勤予定。