JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL31822A02)
募集終了

国名
エクアドル
職種コード 職種
A101 コミュニティ開発
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

外務省

2)配属機関名(日本語)

社会発展促進財団フィデス
NGO

3)任地( マナビ県ポルトビエホ市 ) JICA事務所の所在地( キト市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は2009年に設立された当地のNGOで、マナビ県を中心に活動している。NGOの目的は、貧困層など社会的弱者が居住する地域において環境、文化、社会、経済の発展を促進し、平等かつインクルーシブな社会の実現のため貢献することである。特に、女性、若者の人権を促進し、組織化を支援することで、経済的にも政治的にも、すべての人が平等に社会参加できるようになることを目指している。主に、環境教育、エコツーリズムを中心とした観光業支援、中小企業支援、防災対策、人道支援などを中心に活動している。年間予算約13万米ドル。

【要請概要】

1)要請理由・背景

地元住民の経済的安定を図るため、配属先は現在9つの生産者団体(約670家族)の産業発展のための助言および資金協力を行っている。各団体の取り扱う商品は、主にオーガニック米、塩、観光(5つの団体が4つのコミュニティで実施しているコミュニティエコツーリズム)である。各団体の課題は、リーダー的人材の育成、戦略的な販売促進(価格設定、パッケージング、SNSなどを利用した広報、販路拡大)、商品の付加価値向上および資金集めなど様々である。その中でも配属先は、戦略的な販売促進に関して新たな知識を得ることを急務としており、協力隊からの新たなアイデアを得たいとのことで本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.配属先の同僚とともにコミュニティを訪問し、商品開発に関する調査を実施する。
2.配属先の同僚とともに商品のロゴ・パッケージの改善を行う。
3.SNSやWebページの戦略的な使用方法に関する助言をする。
4.広報用ビデオやパンフレットの作成および運営を行い、同活動に長けた人材を育成する。
5.各団体の商品に対する販路拡大および付加価値向上のための方法に関して一緒に検討し、実践する。
6.配属先の同僚と物産展に参加し、販売促進方法について助言する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務スペース(机、椅子、パソコン)、カメラ、ドローン、プロジェクターおよび車両(同僚とともに利用)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
財団長/50代女性
農業プロジェクト担当/30代男性、マーケティング担当/30代女性
観光事業担当/30代女性、会計担当/60代女性 他職員3名
活動対象者:団体に所属するメンバー(現在9団体)

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:B)又はスペイン語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(    ) 備考:

[汎用経験]:

 ・営業や販促、商品開発の経験

 ・地域開発や地域活性化の知識や経験

[参考情報]:

 ・写真撮影、SNS発信が得意

 ・販売戦略、商品宣伝に関する実務経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(20~28℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

配属先はジェンダー平等の実現の観点からジェンダー視点を重視しており、職員の多くも女性である。
配属先のウェブサイト https://fides-fundacion.com/wp/home/