JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL31822A10)
募集終了

国名
エクアドル
職種コード 職種
G102 環境教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

環境省

2)配属機関名(日本語)

カヤンベ・コカ国立公園

3)任地( ピチンチャ県カヤンベ市 ) JICA事務所の所在地( キト市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

カヤンベ・コカ国立公園はエクアドルの北東部4県(高地(25%):インバブラ県、ピチンチャ県、低地(75%):ナポ県、スクンビオス県)に広がる広大な自然保護区(約40万ヘクタール)であり、その高低差に由来する多様な気候と豊かな生態系を形成している。保護区内には先住民居住地域の他、カヤンベ山(5.790m)を含む4つの火山が位置し、国内の重要な水源地にもなっている。公園内管理事務所は高地エリアと低地エリアに分かれて所在し、それぞれが水源管理、動植物の保全、観光客向けアクティビティの運営などを主な業務としている。配属先の年間予算は70千米ドル。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先である高地管轄事務所では、学生や地域住民(先住民)を対象とした野外学校プログラムの開発を試みている。保護区の課題に沿って5つの単元が設定されており、環境教育も一つの単元を構成しているが、コンテンツの充実と効果的な教育手法の開発が課題となっている。他方、環境教育に従事するスタッフは限られており、その能力強化も大きな課題となっている。従来の環境教育を見直し、スタッフの能力開発を試みながら発展的に教育コンテンツを開発するため、この度環境教育分野の隊員要請に至った。隊員へは、環境教育活動の実施体制構築だけでなく、フォローアップや教育効果測定のための評価体制確立への協力も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先の同僚とともに、以下の活動を実施する。
1.学校やコミュニティを訪問し、環境教育のニーズ調査へ協力する。
2.既存の環境教育方法をレビューし、より効果的な方法の導入を検討する。
3.同僚とともに新しい環境教育コンテンツを開発し、その実施をサポートする。
4.日本の知見や自身の経験を基に、パークレンジャーや公園スタッフの能力強化に協力する。
5.パークレンジャーや公園スタッフの対人スキル向上(子供や先住民との接し方など)に貢献する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

パソコン、コピー機、文房具

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
パークレンジャー(40代男性、修士、経験20年)
その他14名

活動対象者:
学生、地域住民、パークレンジャー、公園スタッフ、公務員

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)又はスペイン語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒)環境科学 備考:同僚とのバランス

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:業務上必須

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(地中海性気候) 気温:(5~19℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

標高3000mを超すエリアでの活動を含む。