JICA

2018年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL32418A28)
募集終了

国名
パラグアイ
職種コード 職種
H106 保健師
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

経済・社会開発企画庁

2)配属機関名(日本語)

フィラデルフィア市保健所

3)任地( ボケロン県フィラデルフィア市 ) JICA事務所の所在地( アスンシオン市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 8.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

同配属先は、首都から約600キロ離れた同国北西部チャコ地方に位置し首都から任地までの幹線道路は整備されているが、周辺地域のインフラ整備は十分とは言えない地域である。また、同地域は干ばつや雨季の洪水等の自然災害を受けやすく、国内でも低所得者層の占める割合が高く、住民が安定した収入を得るための対策も課題となっている。同市の住民の多くはドイツ系パラグアイ人であるが、周辺地域には先住民族の集落(コミュニティ)が約15ヶ所点在し、同地域の上下水道整備、健康問題等が市役所の抱える課題となっている。建物の一部は、日本政府草の根文化無償資金協力により建築された。看護師JVが活動した。(2017年12月まで)

【要請概要】

1)要請理由・背景

同配属先には、内科、婦人科、歯科、検査室、薬局等を備え、地域住民が無償で受診できる医療施設である。また、敷地内には地域保健ユニット(USF)を併設しており、同施設で、健康管理指導、栄養指導等を行い、治療が必要な患者は、保健所にて受診する等保健所との連携を図っている。また、同市の周辺地域には先住民族の集落(コミュニティ)が約15ヶ所点在し、同地域の健康問題等が課題となっている。そのため現在、同配属先の看護師等が先住民族の集落にも定期的に巡回し、保健、栄養指導等を実施している。同施設の診療内容の充実や看護師や看護助手の予防医療技術レベルの向上を図るためには、現在派遣中の青年海外協力隊(JV)の活動を引き継ぎ、予防医療等の専門性や知見を有した方からのアドバイス等が必要となり本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

保健所の一員として同僚の看護師等と共に以下の活動を行う。

1.保健所やUSFにて実施している予防接種、乳幼児の発育指導、栄養指導、妊婦指導等に関するアドバイスを行う。
2.周辺地域の先住民族の集落(コミュニティ)を定期的に巡回訪問し、健康管理指導、衛生面の指導等を支援する。
3.予防医療に関する講習会等を開催し、予防医療の啓発に関する支援を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

健康診断用具(体重計、身長計、聴力検査機器等)他、施設には超音波機器等も有り

4)配属先同僚及び活動対象者

保健所の責任者:50代、男性、医師
同僚:
医師:4名(常勤、非常勤有り)
看護師:4名
助手:2名



5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(保健師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:配属先の希望による

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(0~45℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】