JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL32722A05)
募集終了

国名
ペルー
職種コード 職種
G102 環境教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
グループ型
区分
交替
4代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国際協力庁

2)配属機関名(日本語)

セチュラ郡役所

3)任地( ピウラ州セチュラ郡セチュラ町 ) JICA事務所の所在地( リマ市サン・イシドロ区 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 3.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ピウラ州セチュラ郡はペルー北部太平洋沿岸近くに位置し6つの行政区をもつ。人口は約8万人、半数の約4万人がセチュラ町に居住している。漁業とリン鉱石採掘が主産業である。配属先には社会開発部、地域経済開発部等が置かれ、質の高い公共サービスの提供に努めている。保健・環境課の環境分野業務は環境教育及び固形廃棄物プログラムの推進、環境管理及びモニタリングであり、廃棄物収集は公衆衛生課が担っている。年間の同課の予算は約1万米ドル。前任隊員は2019年4月から2020年7月まで(3月まで現地)活動した。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ペルー環境省は2021年に策定した「国家環境計画」において、地方自治体が実施する固形廃棄物の適切な最終処分の割合を63.24%にすることを目標として掲げており、国内31の地方自治体とともに「固形廃棄物処理システム開発プログラム」を策定、実施している。JICAはこの内23の自治体を対象として、有償資金協力による固形廃棄物処理事業を進めており、配属先はその対象自治体の1つである。家庭ゴミの分別回収も行われており、リサイクルセンターも設置されている。隊員には特に学校において児童生徒を対象に、廃棄物関連を中心とした環境教育活動が望まれている。前任隊員達も学校訪問により環境教育を実施してきており、引き続き隊員の協力が求められた。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

同郡役所の職員とともに以下の活動を行う。
1.小中学校等教育現場での環境教育授業の実施
2.家庭訪問や住民集会による住民啓発活動(例:パンフレット配布や口頭説明によるゴミ分別回収への協力依頼等)
3.教育関係者への廃棄物関連(3R、コンポストなど)に関する啓発活動(研修会等教育関係者の集まる機会を利用)

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務スペース(PC、事務用品等)、各種啓発パンフレット及びグッズ

4)配属先同僚及び活動対象者

保健・環境課長:30歳代、男性
課員:約5名(環境教育専任はいない)
活動対象者:小学生、中高生、教員、地域住民

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:同僚とのバランス

[経験]:(    ) 備考:

[汎用経験]:

 ・コンポスト、一般家庭ゴミ等の啓発活動経験

 ・環境関連活動の経験や知識

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(砂漠気候) 気温:(12~39℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】