JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL32722A15)
募集終了

国名
ペルー
職種コード 職種
F201 観光
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国際協力庁

2)配属機関名(日本語)

カハマルカ州政府通商観光局 観光課

3)任地( カハマルカ州カハマルカ市 ) JICA事務所の所在地( リマ市サンイシドロ区 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は、観光課、民芸品課、通商課の3課を有する通商と観光行政全般を担う機関である。観光課では、観光開発に関する事業計画の策定、観光全般に関する統計管理、州内に登録されている旅行代理店、宿泊施設、レストランなどへの定期的な業務監査の実施、観光促進に関するイベント企画・実施等を行っている。年間予算は約27万米国ドル。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ペルー北部を代表するカハマルカ市は、インカ帝国最後の皇帝が捕らえられた町として有名である。標高2,700mにある盆地で、周囲には温泉、洞窟、巨大岩や遺跡など観光資源に恵まれている。年間約38万人の観光客が訪れるが、その9割が国内からの観光客である。州政府としては外国人観光客を視野に入れつつ、更なる観光客の増員を目指している。また、同州には40年前から日本人考古学者が多く訪れ、調査を行ってきており、その功績は市民にも知られている。州内にあるクントゥルワシ博物館にこれまで文化財保護、学芸員の隊員を派遣してきた経緯から、今後は州全体の観光促進事業への支援が求められた。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先関係者、地域各機関関係者と協力して、以下の業務を行う。
1. 観光による地域振興の方法について現地調査およびその実現に向けた具体的アイデアの提案
2. 配属先が立案する観光開発プロジェクトに対する提案と支援
3. 旅行代理店や現地ガイドに向けたサービス向上のための講習会の企画と実施
4. 州内にあるクントゥルワシ博物館を含む観光ルートに関する助言と提案
5. 日本人観光客をはじめ外国人観光客に向けたプロモーション方法に関する提案と実施

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

PC、プリンター、事務用品一式

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: 通商観光局長50歳代男性、観光課長60歳代男性(経験20年以上)、観光課(男女5名20~50代)、 民芸品課2名、通商課1名

活動対象者: 州内旅行代理店約40店舗、レストラン約420店舗、商工会議所、公式ガイド協会、地域住民など

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:配属先スタッフとのバランス

[参考情報]:

 ・観光マーケティングに関する知識

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(ステップ気候) 気温:(2~22℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】