JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL46322A20)
募集終了

国名
エジプト
職種コード 職種
G183 幼児教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

社会連帯省

2)配属機関名(日本語)

社会連帯省イスマイリア支局家族・子供部

3)任地( イスマイリア ) JICA事務所の所在地( カイロ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

社会連帯省は全国に支局を置き、障害者、孤児、保育園などの福祉分野を統括する省庁である。2017年からJICA技術協力プロジェクト「就学前の教育と保育の質向上プロジェクト」が開始され、保育園における「遊びを通じた学び」の普及が進められている。同プロジェクトではモデルの50園を対象に、保育士の能力向上のための研修、食育ワークショップ等の保護者への啓発活動、絵本の読み聞かせの導入支援等を実施している。
配属先であるイスマイリア支局子ども家族部は、プロジェクトを県内のモデル園に定着させるための調整業務を担う。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同国の保育士は免許制ではなく給料も低いため、十分な知識・技術を持つ保育士が育ちにくいという課題がある。 JICAと社会連帯省は2011年以前には幼児教育隊員の派遣、2017年からは前述プロジェクトを通して、 「遊びを通した学び」の普及や保育士の能力向上を通して、子どもの豊かな心身の育成を目指している。
2021年10月に前述プロジェクトが終了予定で、これまでの成果を持続・発展させるために隊員派遣が要請された。 支局職員や保育士らと共に成果を周辺地域に広めることも求められている。日本人やJICAに対する理解が厚い配属先である。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

数園を巡回しながら支局職員、保育士らと協働して、主に以下の活動を行う。
1. 支局が主催する保育士向けセミナーの側面支援
2. 「遊びを通した学び」に関する、保育士への実技指導や助言
3. 別任地配属予定の隊員との協働や、情報交換

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

各種おもちゃ、遊具、机、イス、制作に使用する材料
技術協力プロジェクトの成果品である「ACTIVITY BOOKLET」

4)配属先同僚及び活動対象者

同省イスマイリア支局家族・子供部
・部長(女性 50代)
・職員(女性9人、男性1人 40-50代)

(イスマイリア支局管轄のモデル園10園全体で)
・保育士(女性 20代~30代 人数は園によって異なるが全園で43人)

5)活動使用言語

エジプトアラビア語

6)生活使用言語

エジプトアラビア語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(幼稚園教諭)
    (保育士)

[性別]:(女性) 備考:女性が多い職場のため

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:助言や提案を求められるため

[参考情報]:

 ・乳児、幼児両方のクラス担当経験が望ましい

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(砂漠気候) 気温:(5~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

就学前の教育と保育の質向上プロジェクト概要→https://www.jica.go.jp/oda/project/1600483/index.html 総合保育(健常児と障害児を一緒に保育)はありません。