JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL50322A15)
募集終了

国名
ボツワナ
職種コード 職種
G161 体育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

高等教育・研究・科学技術省

2)配属機関名(日本語)

セロウェ教育大学

3)任地( セントラル県 セロウェ ) JICA事務所の所在地( ハボロネ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

首都から車で約4時間の場所に位置するセロウェ教育大学は1963年に設立された教員養成大学であり、小学校の教員を養成している。3年制のコースとなり、卒業するとディプロマの学位が取得できる。卒業生はボツワナ全土の小学校に配属される。現在の講師数は79名、学生数569名である。現在までにJICA海外協力隊の派遣実績はない。同配属先はコンピュータ技術隊員の派遣も要請している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

セロウェ教育大学では小学校の教員を養成しており、体育教員コースもある。体育の授業では、学内のスイミングプールを利用した水泳の授業もあるが、現在指導可能な講師がいないため休講状態である。配属先としては、基本的な体育の授業に加え、水泳指導が可能な指導者育成を目指していることから、今回の隊員派遣要請となった。隊員は通常の体育の指導と同時に水泳の指導を通じて指導者の育成に取り組む必要がある。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

同僚講師と協力して以下の活動を行う。
1. 学内にあるスイミングプールを活用して、11~1月の期間は学生に対して水泳指導の実施。
2. 水泳及び体育コースの運営についての支援。
3.スイミングプールを主とした設備の維持管理方法についての助言と指導。
4. 同僚講師に対して水泳及び体育の指導法についての助言の実施。
5. 必要に応じて、体育及び水泳指導についてのワークショップを開催することによる指導者の育成。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

トレーニング用のジム、体育館、スイミングプール

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚 :体育講師(複数名 男性:40~60歳)

活動対象者 :同僚講師及び教育大学の学生(男女)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(中学校又は高等学校教諭(保健体育))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒)体育 備考:同僚職員が大卒のため

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:実際に指導するのに必要

[参考情報]:

 ・水泳の指導経験。

 ・プールの管理経験があることが望ましい。

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(0-40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】