JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL50622B40)
募集終了

国名
エチオピア
職種コード 職種
B351 測量
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/3 ・2023/4 ・2024/1
校舎 作業場 コンピュータルーム コンピュータルーム コンピュータルーム

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

労働技能省

2)配属機関名(日本語)

ニファス・シルク・ポリテクニック・カレッジ(職業訓練校)

3)任地( アディスアベバ ) JICA事務所の所在地( アディスアベバ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 0.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ニファス・シルク・ポリテクニック・カレッジは、首都アディスアベバ市内にある15の公立の職業訓練校の一つ。各職業に必要な知識と技術・技能を習得し、競争力のある人材の育成と中小企業のスキルアップを目的としている。また、労働者の職業能力を向上させることが労働者の地位の向上と職業の安定に繋がり、経済と社会の持続的な発展に繋がっていくことも目的としている。同校には、建築、電子電気、家具製作、繊維・服飾・皮革、測量製図など10学科がある。同僚の中にはJICAのカイゼントレーニングに参加した経験がある講師もいる。

【要請概要】

1)要請理由・背景

エチオピア政府の10年後を見据えた開発計画(2021年~2030年)では、市場で求められる質の高い労働力を輩出することが重要視されており、技術者の養成が大きな課題となっている。配属先となるニファス・シルク・ポリテクニック・カレッジの測量製図科では、基礎的な知識や技術は指導しているものの、時代の流れや技術の進歩につれて、講師の技術力や知識のさらなる向上が必要とされており、今回の隊員要請となった。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

隊員は測量製図科に配属され、同僚講師と協働し以下の活動に取り組む。
1.実習と座学に参加して、学生及び同僚講師に対して技術的な支援。
2.測量に関する効果的な実習及び講義の実施。例えば、GISとAUTOCADの指導。
3.測量機器のメンテナンスのサポート。
4.KAIZEN(5S)に関する知識の共有など。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

トータルステーション(T5000)、セオドライト、PRK GPS (Sokkia)、レベリング (Sokkia)、ハンドルPS、デスクトップパソコン、プリンター、教室等

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
測量製図科講師12名。年齢は、20代~40代。
学歴は、専門学校卒~大学院卒。
実務経験は、2~20年程度。

活動対象者:
講師並びに高校卒業~社会人経験者まで。

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(測量士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(専門学校卒) 備考:講師として学生に指導するため

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:実技指導をするため

[参考情報]:

 ・測量に関する実務経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(9~27℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

同校からは他職種(建築、電気・電子機器、木工、服飾)の募集も出ている。生活使用言語はアムハラ語となる。アムハラ語は現地到着後、現地訓練にて学習。水道は安定しており、電気は毎日1時間程度停電。
予防接種の制限により、応募時54歳以上の方は応募不可。