JICA

2018年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL51218A06)
募集終了

国名
ガーナ
職種コード 職種
H106 保健師
年齢制限
活動形態
グループ型
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ガーナ保健サービス パンドゥ市保健局

3)任地( ボルタ州パンドゥ市 ) JICA事務所の所在地( アクラ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 6.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ガーナ保健サービス(GHS: Ghana Health Service)は保健省が直轄する保健政策の実施機関であり、配属先はその下部組織のひとつとして、パンドゥ市全体の保健・医療にかかる様々な事業の運営と管理を行っている。JICAは、住民の健康促進や母子保健にかかる取組みを通じた地域保健サービスの向上を目的に、2011年よりボルタ州の他3郡でも保健関連の青年海外協力隊(JV)派遣を行ってきており、その相乗効果への期待も大きい。青年海外協力隊員2名(栄養士、2011-13年、2015-17年)の派遣実績がある。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先では管轄地域全体の保健・衛生にかかる実態およびデータ数値双方の向上をめざして、各種感染症の予防、母子保健サービス、栄養教育、学校保健等に対する取組みに力を入れている。
ボランティアに対しては、管轄地域内で特に乳幼児や児童を重点において実施される栄養教育や身体測定などの各種ヘルスプロモーション活動への参加や、健康な食習慣を住民に身につけてもらうための情報の収集と提供が求められている。さらに局内で実施されている保健関連データの収集と分析の補助、報告書作成支援、普及啓発活動教材の作成支援などが期待されている。
初代、2代目ボランティアは栄養士隊員が派遣されていたが、栄養の取り組みだけではなく、保健衛生活動全般への支援が求められていることから、保健師隊員が要請された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先スタッフや地域保健スタッフ、学校関係者等と協働し以下の活動を行う。
1. 学校・医療機関・コミュニティ等を巡回し、栄養教育、衛生環境、学校保健等についての教育、啓発活動の実施を支援する。
2. 普及啓発活動教材の作成を支援する。
3. 保健局内のデータ管理(保健省の独自システムを利用したデータ集計)に協力する。
4.その他、配属先が求める活動を配属先スタッフと共に実施する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

配属先事務所にある事務機器、地域保健施設にある体重計や血圧計等基本的な医療機材

4)配属先同僚及び活動対象者

・局長(1名 男性)
・保健師(1名 女性)、栄養士(2名 女性)
・疾病対策担当者(3名)、その他配属先スタッフ(数十名)

・地域保健スタッフ(各地域保健施設に1-2名程度配置(看護師、助産師、助手))
・活動対象:地域住民(妊婦、乳幼児、学校児童生徒)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(保健師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:経験に基づいた支援が必要

任地での乗物利用の必要性

単車(小型自動二輪免許が必要)

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(25~35 ℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

※ガーナ政府との取極めにより、身体への侵襲行為は実施しないこととなっている。