JICA

2018年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL51218A29)
募集終了

国名
ガーナ
職種コード 職種
H106 保健師
年齢制限
活動形態
グループ型
区分
交替
派遣期間
2年
派遣隊次
・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ガーナ保健サービス ロウラ郡保健局

3)任地( アッパー・ウエスト州ロウラ郡 ) JICA事務所の所在地( アクラ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 15.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ガーナ保健サービス(GHS:Ghana Health Service)は保健省が直轄する保健政策の実施機関であり、配属先はその下部組織のひとつとして、ロウラ郡全体の保健・医療にかかる様々な事業の運営と管理を行っている。また、JICAは2006年より配属先の上部機関にあたる州保健局と技術協力プロジェクトや無償資金協力による事業も展開しており、その相乗効果への期待も大きい。2009年より継続的に保健師の青年海外協力隊(JV)が活動しており、現在も保健師JV(2016年度2次隊)が活動中である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

保健サービス享受の地域格差是正のため、ガーナ政府が採用しているCHPS(Community-based Health Planning and Service/基本的保健医療サービス)政策を受け、 JICAはボランティア派遣や技術協力プロジェクトなど様々な形で支援を実施している。特に保健指標が劣悪なアッパー・ウエスト州における母子保健サービスの機能強化に注力している。前任者となる JVは全管轄地域のデータ比較を実施し、それぞれ特有の健康課題を抽出して、特に支援が必要ないくつかのサブディストリクト及び地域保健施設にターゲットを絞っての活動を実施している。各地域の健康課題への取組みを通してPHC(PrimaryHealth Care/基礎的保健医療サービス)の向上をめざしており、更に効果を高める継続的な支援が求められ本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.各地域のPHCを提供するCHPS施設等を拠点として、地域特有の課題(妊産婦・乳幼児サービス、家族計画、学校保健等)を把握し、改善に向けた啓発活動やアドバイス等の支援を行う。
2.今後導入予定の母子手帳(母手帳・子手帳が1冊に統合されたもの)の普及、妊娠期から乳幼児期まで継続した母子管理とアセスメント方法等の活用指導を同僚と共に実施する。
3.PHC提供施設の基本的な環境整備(衛生管理、書類や機材の整理・整頓)、スタッフの意識改善にかかる支援を通じて、保健・医療施設としての機能向上に努める。
4.指標や政策決定に必要とされる保健データの精度向上・効果的な活用の支援を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

配属先事務所にある事務機器、地域保健施設にある体重計や血圧計等基本的な医療機材

4)配属先同僚及び活動対象者

局長:1名(男性)、保健師:1名(女性)、栄養士:2名、感染症対策担当者:3名、ヘルスプロモーション担当2名、その他スタッフ8名
活動対象者:主に妊産婦、乳幼児等
・コミュニティ数:98(現在JVが巡回しているのは約20箇所)
・サブディストリクト数:5
・CHPS数:14

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(保健師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:業務遂行上必要

任地での乗物利用の必要性

単車(小型自動二輪免許が必要)

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

※ガーナ政府との取極めにより、身体への侵襲行為は実施しないこととなっている。