JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL51222A01)
募集終了

国名
ガーナ
職種コード 職種
H133 感染症・エイズ対策
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
4代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

アゴゴ・プレズビテリアン病院
NGO

3)任地( アシャンティ州アキム・ノース郡アゴゴ ) JICA事務所の所在地( アクラ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 5.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1931年に設立されたガーナ国内最古のキリスト系総合病院で、ガーナ・クリスチャン保健連合(Christian Health Association of Ghana)が管轄する。国内だけではなく、隣国のブルキナファソやコートジボアールからも患者を受け入れている。特に眼科は有名で、専門病棟がある。病床数は350床、医師37名、看護師180名他スタッフが勤務している。外来患者数は一日辺り300人。2011年から複数のJICA海外協力隊員が派遣されている。カウンセリング部門は、HIV/AIDS対策チームとして、抗体検査の実施やHIV陽性者に対する心身のケア、予防啓発活動を行っている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

カウンセリング部門ではHIV陽性者に対し、抗HIV薬の処方のほか、カウンセリングを提供している。カウンセリングや治療は無料で受けられるものの、遠方からの交通費がなかったり、周囲の差別・偏見を恐れて治療を中断してしまうケースも多い。配属先は、アウトリーチプログラムも実施しており、コミュニティでの啓発活動やHIV検査も実施しているが、陽性者に対する差別や偏見は未だ広く存在している。JICA海外協力隊員には、HIV検査率の向上、差別・偏見をなくすための啓発活動のほか、効果的なHIV予防啓発活動の実施支援が求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

カウンセリング部門に所属し、HIV/AIDS対策チームの一員として以下の活動を実施する。
1. HIV陽性者のカウンセリングや精神的ケアの補助のほか、治療を継続するための助言を行う。
2. 患者ファイルの整備やデータ管理など、執務環境のカイゼンを提案し、定着するよう支援する。
3. HIV感染予防啓発活動や健康教育など、配属先が実施する取り組みの中で課題を見つけ、課題解決のための助言、提案を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

PC、プリンター、コピー機、HIV検査キット等医療機器

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
医師 1名、男性、40代
HIV/AIDSコーディネーター1名、男性、50代
臨床心理士1名、男性
カウンセラー1名、男性
看護師2-3名、女性

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(看護師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:実務を通じた知識と経験が必要

[参考情報]:

 ・看護師、保健師等医療関係の資格

 ・HIV/AIDSに関する業務経験は必須

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

ガーナ政府との取極めにより、身体への医療侵襲行為は実施しない。生活使用言語はチュイ語。不定期な停電、断水がある。任地内/任地からの交通手段:コロナ禍では公共交通機関の利用は禁止。徒歩移動もしくは借上げタクシーでの移動が必須。