JICA

2018年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL51518A08)
募集終了

国名
ケニア
職種コード 職種
H106 保健師
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2018/3 ・2018/4 ・2019/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ディワサブカウンティ保健事務所

3)任地( ホマベイ ) JICA事務所の所在地( ナイロビ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 8.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

本保健事務所は地域病院に併設されており、保健師や公衆衛生官などによる保健管理チームが、管轄下にある46の保健センターや診療所の保健医療サービスやコミュニティでのプライマリーヘルスケア活動の管理、アドバイスを行っている。同地域の人口は20万5千人で年間予算は約900万円。
過去には、JICA技術協力プロジェクト「ニャンザ州保健マネージメント強化プロジェクト」(2009年7月-2013年6月)のモデル地域であった。同配属先には2018年春募集で栄養士も募集中。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属先では地域内の医療施設を巡回し、各施設において医療サービスの質の向上と共に、地域・コミュニティにおける保健プロモーション活動の支援に取り組んでいる。同地域に多い疾病は、HIV、下痢、肺炎、結核、マラリア、スナノミ症、栄養失調など。それらの予防啓発を行うと共に、母子保健や乳幼児の予防接種率向上も図っている。
配属先は、HIVに関しては地方行政区(カウンティ)内では高いレベルの医療サービスを提供しているが、それ以外の医療サービスについても、保健センターや診療所のレベル向上や住民への予防啓発活動などを通じ、人々の健康を促進したいと考えている。ボランティアは、病院や管轄下の医療施設の支援、またコミュニティ、学校などでの啓発活動が求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

ボランティアは保健事務所を拠点とし、配属先同僚と協力して以下の活動を行う。
1.配属先の保健師と共に医療施設を巡回し、医療サービスの状況把握を行い、環境改善等の支援を図る。
2.医療課題に対しての計画立案、実施、評価など一連の取り組みに対しての助言。
3.医療施設、コミュニティ、学校などでの健康教育、予防啓発活動の実施。
4.各医療施設などから提出される医療データの集計と分析に対する支援。
5.同配属先や同分野の青年海外協力隊と情報交換等による連携で、地域の課題解決にむけた活動を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

事務机、椅子、自転車

4)配属先同僚及び活動対象者

同僚の保健師3名(30-50代 経験10年以上)
保健事務所長(30代男性、医師)
病院・保健事務所スタッフ 約50名(20-50歳代の男女)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

スワヒリ語

7)選考指定言語

【資格条件等】

[免許]:(保健師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:巡回指導、提言を行うため

任地での乗物利用の必要性

自転車

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(15~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

JICAの判断により、訓練言語を「生活使用言語」に変更する場合がある。