JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL52422A19)
募集終了

国名
マラウイ
職種コード 職種
H107 助産師
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

保健省

2)配属機関名(日本語)

ンコマ看護助産師大学

3)任地( リロングウェ県ンコマ ) JICA事務所の所在地( リロングウェ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

キリスト教会が支援する医療系の3年制大学で、助産師、看護師を育成している。学生数310名、教員17名
大学のある地域は首都からほど近いが地方部であり、教会や教会が支援する病院等を中心に形成されている。ノルウェー系の支援団体の援助も受けている。JICAの支援は今まで受けておらず、他国のボランティアもいない。

【要請概要】

1)要請理由・背景

教会が病院や大学を支援することで、地域医療を担っている。大学では毎年100名前後の助産師や看護師など医療従事者を輩出しているが、指導する教員が慢性的に不足しているため、隊員には学生に直接指導することが求められている。当該地域、ひいてはマラウイ全体の医療事情を向上させるためにも、大学の指導レベルの向上は不可欠である。大学に隣接して病院があり、学生が実習を行っている、その病院の医療従事者について業務に関する助言を求められる場合がある。病院で直接患者に対応することはない。なお当該地域では、UNFPAが医療関係で支援しており、緩やかな協働が期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.学生に対して授業を受け持つ(担当については、本人の経験を基に決定する)。
2.学生の病院や地域社会での実習指導
3.可能であれば隣接する病院に勤務する医療従事者(特に助産師)に対して、業務の助言を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

保育器モデル、助産師教育用人形

4)配属先同僚及び活動対象者

看護部長 博士 女性 50代、学生部長 女性 40代、助産師科長 女性 40代
助産師科講師 5名 20から30代、実験室長 女性 40代
(講師は学士レベル、一部修士または博士)

活動対象者は、学生及び医療事務員

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(助産師)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:学生に指導を行うため

[参考情報]:

 ・看護教育に関する経験

 ・看護教員養成研修もしくは臨床実習指導者研修受講者

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖冬季少雨気候) 気温:(10~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

生活の中で現地語(チェワ語)が必要となる場合があるため、赴任後の現地語学訓練で学習します。住居が未電化の場合ソーラー発電となります。当国は2022年2月の水害により発電設備に影響があり計画停電がされており一日に6時間程度の停電がある場合があります。その他脆弱な発送電設備のため不定期に停電が起きています。