JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL54822A01)
募集終了

国名
タンザニア
職種コード 職種
G161 体育
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/3
学校入口 グラウンド 校舎(教室)

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育科学技術省

2)配属機関名(日本語)

アザニア中等学校

3)任地( ダルエスサラーム州ダルエスサラーム市 ) JICA事務所の所在地( ダルエスサラーム市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1934年に設立された男子中等学校。タンザニアの最大都市であるダルエスサラームの中心部に位置するこの学校には生徒約1,600名、教員約70名が在籍している。体育や課外活動に力を入れている学校の一つである。2018年9月には、同学校の敷地内に、在タンザニア日本大使館の草の根・人間の安全保障無償資金協力により野球場が建設され、タンザニア野球・ソフトボール連盟(TaBSA)も併設されていることから、野球、ソフトボールとの関係が深い。学校でも野球クラブが行われており、同連盟が主催する野球大会に参加している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

タンザニアでは国家試験科目として一般的な教科の学習が優先される傾向があり、全ての中等学校で体育の授業はされていない。配属先は体育を推進する学校の一つであるが、体育教師は一名しかいないため対象学年を絞って授業を行っている状況である。これまでJICA海外協力隊が体育教育の実施と、野球クラブの指導などの支援を行ってきており、継続した取り組みが必要とされていることから要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

同僚教師と協力しながら次の活動を実施する。

1.同僚と協力して体育教科の指導計画作成と授業(実技と座学)を実施する。
2.体育教科の試験の実施や評価を行う。
3.課外活動(野球クラブ、その他)に参加する。
4.その他、配属先が希望する活動を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

グラウンド、野球場、野球道具、サッカーボール、教科書、黒板等

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
体育教員1名、50代、男性、大卒

活動対象者:
体育科目履修生徒約100名(14-17歳)
野球クラブ生徒

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

スワヒリ語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(中学校又は高等学校教諭(保健体育))

[性別]:(男性) 備考:配属先の希望

[学歴]:(大卒) 備考:同僚と同じ教育水準

[経験]:(競技経験)3年以上 備考:野球指導上必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(20~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

タンザニア赴任後の研修でスワヒリ語を学習する予定。