JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL55122A10)
募集終了

国名
ザンビア
職種コード 職種
G182 小学校教育
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

教育省

2)配属機関名(日本語)

カウンダスクエア初等学校

3)任地( ルサカ州ルサカ ) JICA事務所の所在地( ルサカ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ルサカ市ムナリ地区に位置する1974年に設立された公立の初等学校で1~9年生(日本の小学校1年生~中学校3年生に相当)の生徒約1750人が在籍している。生徒数が多いこと、また感染症対策の観点から1クラスあたりの生徒数を減らすため、3交代制で授業が行われている。配属先年間予算は約69万ザンビアクワチャ(約450万円)である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

ザンビアでは理数科教育の質向上、学生の学力向上を目指しているが、初等教育で培われる基礎学力(読み・書き・四則計算)、数や図形などの概念の理解不足が、中等教育以降にも影響を及ぼしている。特に理数科目では概念理解のため、体験や副教材を活用した生徒の理解を促す教授法の実践により、生徒の理解度及び学力の向上が期待されている。また、同僚教師の教授力向上のため彼らと協力しながら授業を行い、教授法や授業計画の改善を共に実施するために隊員が要請された。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.5~9年生の生徒に対して、算数、理科科目の指導を行う。
(週12~18コマ程度、担当教科や分量は赴任時の教員配置状況、ボランティアの得意分野などを踏まえて決定する。)
2.基礎計算力定着のための工夫、同僚との指導法の共有。
3.身近な材料を利用した教材を作製、利用により、教材研究の手法や実例を紹介する。
4.他の教育分野隊員と協働してワークショップ等を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

特になし。

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
校長代行(40代女性)、
同僚56名(20~50代男女)主に理数科の教員と関わる

活動対象者:
学生約100~200名(5~9年生の生徒)

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(教諭免許(校種・教科不問))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:実際に現場で指導するため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(5~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】