JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL55122A16)
募集終了

国名
ザンビア
職種コード 職種
G153 音楽
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

高等教育省

2)配属機関名(日本語)

エヴリン・ホン短期大学

3)任地( ルサカ州ルサカ ) JICA事務所の所在地( ルサカ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

1963年に創立された同校は、保健医療、ビジネスマネジメント、教育、ITなど41の学部を有する国内最大規模の短期大学である。国の経済多様化に寄与する人材の輩出を掲げ、公立学校の教員免許取得に必要な講座なども提供する。音楽学部は短期大学(Diploma)及び2021年12月に新設された4年制の学士(First Degree)を併設し、ピアノ科、管楽器科、弦楽器科、打楽器(鼓笛)科などの専攻科目において座学及び実習を行う。12月、4月、8月入学の3学期制度下で、パートタイム(Distance)、フルタイム合わせて約90名の学生が在籍する。音楽学部の年間予算は約60万円(人件費を除く)。

【要請概要】

1)要請理由・背景

2021年12月の4年生学士コースの新設により音楽学部が拡充し、同学部においてより質の高いレッスンを提供できる人材確保が急務となっている。また、2002年に日本政府の文化無償資金協力で同校へ供与されたアップライトピアノ7台とグランドピアノ1台の有効活用も期待されており、ピアノ学科でのJICAボランティア派遣が要請された。学生への直接の指導及び同僚教員との指導法や指導計画の研究を通じて、学生、教師陣双方のレベル向上が期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 短期大学(Diploma)のピアノ専攻学生に対して毎日2コマ(1コマ2時間)のレッスンをし、担当学生の指導計画案を作成する。
2. 学士(First Degree)のピアノ専攻学生に対して週2コマ(1コマ2時間)のレッスンをし、担当学生の指導計画案を作成する。
3. 同僚とワークショップや勉強会を開催し、効果的な指導法や指導計画の向上を図る。
4. 年3回予定されている音楽学部合同コンサートの計画や内容を同僚とともに推進し、学生を指導する。

レッスン数については着任後に配属先と協議し決定する。学生の指導計画案については学部長と相談しながら作成する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務室、机、椅子、アップライトピアノ7台、グランドピアノ1台

4)配属先同僚及び活動対象者

音楽学部長(50代男性)
同僚教員6名(20~60代、男性)

活動対象者:同僚教員6名及び学生90名

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

英語

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒)音楽 備考:大学での指導であるため

[経験]:(指導経験)5年以上 備考:大学での指導であるため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(5~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

ピアノ調律師は別途、在籍する。